ロシア人画家が描いた夏

Russian Museum
 ロシアの画家は1年のあらゆる季節を美しく描いてきたが、ロシアの短い夏、野原を照らす太陽の陽射し、灼熱、そして白樺の木々などは、とりわけ深い愛情を持ってキャンバスに刻まれた。

イサーク・レヴィタン 6月のある日(夏) 1890年代
イサーク・レヴィタン 白樺林 1880年代
アルヒープ・クインジ 白樺林 1879年
ヴァレンティン・セローフ 桃を持つ少女 1887年
ヴァレンティン・セローフ 夏、オリガ・セローワの肖像画 1895年
ヴァシーリー・ポレーノフ 草花の生い茂る池 1879年
ヴァシーリー・ポレーノフ モスクワの中庭 1878年
イリヤ・レーピン  夏の風景(アブラムツェヴォの橋の上のヴェーラ・アレクセーエヴナ・レーピナ) 1879年
イリヤ・レーピン 芝生のベンチで 1876年
イリヤ・レーピン  クールスク県の夏景色、習作 1915年
グリゴリー・ミャソエードフ 収穫のとき、芝を刈る人 1887年
イワン・シーシキン 夏
イワン・シーシキン ライ麦畑 1878年
ウラジーミル・タトリン 秋(夏) 1909年
ボリス・クストージエフ 三位一体の日 1920年
カジミール・マレーヴィチ 夏の風景 1928–1929年
カジミール・マレーヴィチ 収穫する人 1928–1929年
アレクサンドル・デイネカ 未来のパイロットたち 1938年
アレクサンドル・デイネカ 自由気ままに 1944年
アルカージー・プラストフ 夏に 1954年
アルカージー・プラストフ 草刈り 1945年
タチヤナ・ヤブロンスカヤ 朝 1954年
タイール・サラホフ 朝のアブシェロン半島 1984年
イリーナ・コーリナ 快晴 2020年

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる