ウイルス、隔離、分離をテーマに作品を作るロシアの画家(写真特集)

 自宅隔離生活の中、ロシアの画家たちは何をしているのだろうか?もちろん、ロシア全国のすべての人々と同じく、彼らもまた自宅または工房から出ずに生活している。しかし、そんな状況においても芸術作品を生み出しつづけており、ときに現在の状況を覗き見ている。

 自宅の窓の外に向けられたメランコリックな眼差しから、未来への夢を描いた作品をまとめた。

ゲオルギー・リチチェフスキー 「コスモス」

ターニャ・ピョニケル 「アセディア」

ダリヤ・コノヴァロワ=インファンテ シリーズ「モノたちの秘めたる生命」より

イワン・トゥゾフ シリーズ「隔離」より

アンドレイ・シカリン シリーズ「意識的な市民の制限措置からの浮遊的で不確実な脱出」より

グループ「ミシマシ」 「充電が切れたら、インターネットが至るところで医療用マスクの広告を出すのをやめるだろう」

アンドレイ・ビルジョ 「自主隔離体制の下、カモメを生き返らせようとしているロシアの偉大な作家で医師のアントン・パヴロヴィチ・チェーホフ」

アンドレイ・シカリン シリーズ「わたしの庭」より

アナスタシヤ・ヴェルメーエル 「無観客」

アレクサンドル・フロレンスキー 「わたしの窓から見える景色」 

アレス・コチェヴニク シリーズ「毛布の中で」より

アイダン・サラホワ 「新たな聖人」

ウラジーミル・ポタポフ 「アイソレーション・クロニクル」

ワレリー・チタク 「死に行かないのは死者だけ」 

アンドレイ・ビルジョ 「そんな気分

ディアナ・ヴォウバ 「想像の中の景色」

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる