1930年代のソ連女性たちの装い(写真特集)

Ilya Rautenstein/MAMM/MDF
 ヨシフ・スターリンの最盛期、ソ連が農業集団化と工業化を進めるようになると、何よりも女性もまた有益な社会の一員―つまり、労働者、農業従事者、あるいはスポーツ選手でいなければならなかった。そんなわけで、この時代にオシャレな女性を見つけることはほとんどできない。オシャレを楽しむ女性は有害な資本主義的価値観を持つ者だと批判されたのである。

たとえば、スターリン夫人のナジェージダ・アリルエワの装いはこのようなものだった。(左端)
プラトークを掲げる女性たち。赤の広場でのスポーツパレード 
スイミングスタジアム「ディナモ」で撮影する写真特派員エヴゲニヤ・レムベルグ
スポーツ選手
「コムソモールたちの招集で、炭鉱へ!」炭鉱「ゴルロフカ」の女性労働者たち

スキー大会にて
山羊毛のショールをつけた女性

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる