ウラジオストクの日常生活の中の「神秘的リアリズム」(写真特集)

Denis Korobov
 世界の隅に暮らす写真家は空間や色彩を異なる感覚で見ている。

 ウラジオストクでもっとも有名な街頭写真家の1人であるデニス・コロボフは絵葉書やウェブサイトでは見ることが出来ない、この街の裏側を捉えている。彼は自分が最も好きなジャンルは神秘的リアリズムであり、「写真というものは現実世界を映し出す鏡である」と述べている。

 デニスが写真の旅を始めたのは9年前の20歳のとき。それから、カメラを数台変えながら写真を撮りつづけ、すでにウラジオストクやモスクワでいくつかの個展を開いて来た。

 そこでは予想を超えた明るい色彩に包まれたウラジオストクを観客に見せ、幅広く意義深い風景を紹介している。彼が映し出すウラジオストクは、置き去りにされた古いおもちゃ、プラスチック瓶の中で休む猫であり、日常的なシーンや日用品に見られる予期せぬ対比やドラマである。

杭の上で

洗濯物干し
掛け時計
おきあがりこぼし
パンサー

エガーシェルド地区
ガガーリン
クンガンスヌィ岬

*「Far Focus-ウラジオストクの写真家たち」展示は2020年5月17日まで ザリャー現代美術センターで開催中

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる