ロシア絵画に描かれたバレエ

 19世紀以降のロシアの輸出された主要な文化は、有名な芸術家の絵画に描かれていた。

1. ヴァレンティン・セロフ、「バレエ「ラ・シルフィード」を演じるアンナ・パヴロワ」、1909

 伝説のバレリーナ、アンナ・パヴロワを描いた、セロフによるこの有名な「一コマ」は、世​​界中でセルゲイ・ディアギレフによる「ロシアの季節」のポスターを飾った。

2. アレクサンドル・ベヌア「バレエ「ペトルーシュカ」のスケッチ」、1911

 ベヌアはディアギレフの「ロシアの季節」の芸術監督であり、信じられないほど多作の作家だった。彼は台本と脚本を書き、衣装をデザインし、12のバレエ団のセットデザイナーでもあった。

3. レオン・バクスト「バレエ「火の鳥」の火の鳥の衣装のスケッチ」、1922

 レオン・バクストはまた、才能ある演劇芸術家、かつ舞台装置家であり、ロシアの季節でベヌアの同僚だった。ちなみに、ディアギレフのバレエ「火の鳥」のこのスケッチは、2013年のクリスティーズのオークションで、242,500ポンドで販売された。

4. コンスタンティン・ソモフ「ロシアのバレエ」1930

 パリに移住した芸術家のコンスタンティン・ソモフは、ディアギレフ会社と親交があり、衣装や装飾のスケッチを手伝ったり、劇場のポスターを描いた。彼はいくつかの絵画を残した。それらの絵では、様々な角度からシーンを見ることができる。

5. ジナイダ・セレブリャコワ「バレエの楽屋(青年バレリーナ)」1922

 セレブリャコワは客間を見るのがとても好きだった。彼女は自画像「トイレの後ろで」で賞賛を得、バレエダンサーの楽屋を非常に頻繁に、できるだけ装飾されていない状態で描いた。

6. ジナイダ・セレブリャコワ「レ・シルフィード(ショピニアーナ)のバレリーナ」、1924

 セレブリャコワは、大人のバレリーナだけではなく、軽快でほとんど空想上の生き物のような若いバレエダンサーを描いた。

7. アレクサンドル・ゲラシモフ「バレリーナ・オリガ・レペシンスカヤの肖像画」、1939

 スターリン時代の主な社会主義リアリストの一人であるゲラシモフは、この国の最も重要な人物を描いた。ボリショイ劇場のプリマは、間違いなくその一人だった。この芸術家はバレリーナの姿をあらゆる側面から観察するために鏡を設置した。

8. アレクサンドル・ゲラシモフ「バレリーナ・ソフィア・ゴロフキナの肖像画」、1947

 この芸術家は、鏡を使った技法を繰り返し使っている。ゴロフキナは、ミンクスによるバレエ「ラ・バヤデール」の主人公の衣装で描かれている。ボリショイ劇場での輝かしい経歴の後、このバレリーナは長年バレエ教師を務め、バレエダンサーが高等教育を受ける機会を得るために、モスクワで最初の振り付け学校の創設も行った。

9. ナージャ・ルシェワ「ソロ・バレリーナ」、1968

 芸術家ナージャ・ルシェワは、17歳で亡くなった悲劇の天才だった。彼女は、古典的な作品を含む、12,000点以上の絵画作品を残した。ナディアの幻想的な作品群では、バレエも大きな位置を占めていた。彼女の母親はバレリーナであり、幼い頃の少女は足を使った羽ばたきとそれによる飛行を目の当たりにしたのだ。

10. ワシリー・ブラタニュク「スタジオにて…」、1980年代

 現代の芸術家のブラタニュクは、バレエに完全に専念している。この絵では、彼はロシアのA.Ya.バラノフ記念バレエアカデミーのスタジオでバレリーナが休憩しているときようなまれな瞬間を描いた。別の瞬間では、そして彼らは自然なポーズをやめて直立して背筋を伸ばす(この絵のバレリーナは、リュボビ・クナコワ、イリナ・コシェレワ、アナスタシア・シェリパノワだ)。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください! 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる