ロシア絵画でキリストはどのように描かれたか

イヴァン・クラムスコイ、トレチャコフ美術館
 ロシアの様々な画家たちは何度も聖書の主題に取り組んできた。そして普通の人々や漁師や子供たちを多く書いてきた画家であっても、人としてのキリストには関心を持っていた。

1.アレクサンドル・イワノフ「民衆の前に現れたキリスト」、1837-1857年

 この画家はこの絵画に20年間取り組んだ。その規模(5.4×7.5 m)は、トレチャコフ美術館のどのホールにも展示できなかった。そのため、少し増築をする必要さえあったのだ。

2.カール・ブリューロフ「棺の中のキリスト」、1840年代

 この絵にまつわる有名な騒動がある。ブリューロフはとある伯爵の注文でこの絵を描き、伯爵は絵をドイツに持ち帰った。所有者が亡くなった後、この絵画はヨーロッパにある正教会の教会に移された。しかし署名はなく、これが傑作であることを誰も知らなかったのです。2002年、教会のコミュニティはこの絵画をコレクターに販売し、コレクターはロシア博物館に検査を依頼した。美術館はブリューロフを原作者と認めたが、連邦保安庁がこの貴重な芸術作品を没収したのだ。しかし、最高裁判所は写真を所有者の元に返却することを決定した。

3.ニコライ・ゲー「最後の晩」、1863年

 ニコライ・ゲーは多くの宗教的な主題を描いた。キリストの生涯、受難、復活の最後の日々についての「受難物語」は特に有名だ。この芸術家は、弟子たちとキリストの最後の晩餐を描く際に基準から逸脱した。批評家は説得力がないと彼のことを非難したが、この絵画はアレクサンドル2世によって購入され、現在はサンクトペテルブルクのロシア博物館に保管されている。

4.イヴァン・クラムスコイ「荒野のイエス・キリスト」、1872年

 ロシア絵画におけるキリストを描いた最も有名な絵画の1つであり、人としてのイエス・キリストを見せようとする最初の試みの1つだ。彼は邪悪な力によってあらゆる面から試される聖人ではなく、普通の怪しい人間だ。美術評論家は、特に絵画の中心に注目している。キリストの手は錠でつながれていたように不自然に合わせられている。

5.ワシーリー・ポレーノフ「キリストと罪深き女」、1888年

 ポレノフはこの絵画を生涯の仕事だと考えていた。ユダヤの地の風景とキリスト本人の両方を忠実に描くために、この芸術家は中東を数年間旅し、何十ものスケッチをしたのだ。主要な課題は、キリストを普通の人間として見せることだった。

6.ワシーリー・ポレーノフ「知恵に満ちる」、1896-1909年

 その後、彼は一連の絵画「キリストの生涯から」を描き、長老から知恵を得た少年の姿から山上での説教までの道程を描いた。

7.イヴァン・アイヴァゾフスキー「洗礼」、1890年代

 アイワゾフスキーといえば、果てしなく続く海、嵐、船が多いと思われます。しかし、彼も宗教的な主題を描いていたのだ。

8.ニコライ・ゲー「真理とは何か」、1890年

 ゲーは、捕まった後のキリストとポンティウス・ピラトゥスとの会話を題材に、宗教画の伝統からさらに大胆に逸脱した絵を描いた。ゲーは神の子を暗闇の中に配置し(通常は明るい場所に描かれる)、ぼろぼろになり、無表情で、悲惨なキリストを描写している。ピラトゥスが明らかに勝者のように見えるように描かれている。

9.アルヒープ・クインジ「ゲッセマネの園のキリスト」、1901年

 クインジは風景画家として最もよく知られており、彼の絵画は明暗を使った驚くべき作品が際立っている。この聖書からの主題では、彼はキリストを月明かりで照らし、周りの暗闇と対照的に配置している。

10.イリヤ・レーピン「ヤイロの娘の復活」、1871年

 これはレーピンが芸術アカデミーで描いた卒業作品のテーマだ。この芸術家は、聖書に登場する復活の奇跡の前で緊張した瞬間をうまく伝えている。ちなみに、彼は金メダルを獲得した。後に、レーピンのキリストのイメージは、より写実主義や後期印象派のものに変わっていく。

11.ミハイル・ヴルーベリ「ゲッセマネの園のキリスト」、1887-1888年

 闇の悪魔を描いたことで知られるモダニストのヴルーベリは、聖霊や預言者、さらには教会をも描いた。モスクワのトレチャコフ美術館には、このような木炭画が保存されている。

12.ミハイル・ネステロフ「聖なるルーシ」、1901-1906年

 ミハイル・ネステロフもまた多くの教会を描き、聖書の主題のための多くのスケッチを残した。大天使、聖母、聖人、修道士、そしてもちろん、イエス・キリストなどが彼によって描かれた。彼の「聖なるルーシ」という作品では、救世主が貧しく苦しんでいるルーシの人々を祝福している。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる