モスクワ郊外に現れた巨大なグラフィティと世界最大のガガーリン

Moskva Agency
 今からちょうど1ヶ月前、モスクワ郊外にある高層建築が並ぶ小地区が、アパート群を世界中のアーティストらに差し出し、そこになんでも好きなように絵を描いてもらいたいと申し出た。その結果、出来上がった素晴らしい芸術をご覧いただきたい。

 8月1日から31日にかけて、ロシア、アメリカ、カナダ、イタリア、アルゼンチン、中国などのグラフィティ・アーティスト60人以上が、アートフェスティヴァル「UrbanMorphogenesis」の枠内で、モスクワ郊外の小地区オジンツォヴォの入り口にグラフィティを描いた。

 赤の広場から19㌔の地点にあるこのごく普通の20階建てのパネル住宅が壮大な実験のためのキャンバスとなった。アーティストたちにこの建物を完全に好きなようにデザインしてもよいとしたのである。唯一の条件は1ヶ月間ですべての作業を終えるというものであった。これまでにこのようなプロジェクトが行われたのは1度だけで、それはポーランドのウッチという街で実施された。

 住宅の入り口の一つには、世界最大のユーリー・ガガーリンの肖像画が描かれた。ジョリトという名で活躍するナポリのアーティストによる作品だ。

 その他の印象的な作品はこちらからどうぞ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる