ロシアで最高のストリートフォトグラファー5人

AP
 ロシアの街頭写真は他の国のものと大きく異なっている。

 ロシアには街頭写真専門の写真家はあまりいない。多くの写真家は街頭写真という分野からはほど遠いスタジオ写真やドキュメンタリー写真を撮ることによって生計を立てている。しかし、ロシアの街頭写真のために頑張っている者もいる。

1.ザルマン・シクリャール

 シクリャールは街頭写真を専門とするZSフォト・エージェンシーの設立者である。彼は作品の中で、光と影を芸術的に使い、ロシアの街頭写真では珍しい独特なスタイルを築いている。

 シクリャールは彼のエージェンシーのウェブサイトで自身のアプローチについてこのように語っている。「わたしは現在の自分がまだ網羅できていない手法に惹かれる。ある被写体が変わった風に見えるなら、これを捉えるためにわたしはどんなことも試すだろう。わたしは頭の中でイメージを電光石火で組み立てる。空間、様式、そしてリズも。瞬間的にわたしの中の美意識から幾何学構図を決めていくのだ」。

  インスタグラムで彼の作品を見るにはこちらからどうぞ。

2.ボリス・ナザレンコ

 これが栄光につつまれたロシアである。写真家ボリス・ナザレンコは独特の手法を発展させた。ポートレート街の人々を撮るのだが、悲しげな写真もあれば、楽しそうな写真もある。そしてほとんどが白黒写真だ。

 インスタグラムで彼の作品を見るにはこちらからどうぞ。

3.アレクサンドル・ペトロシャン

 この写真家のスタイルは一つに凝り固まっていない。時には色彩に焦点を当て、時には様式に焦点を当て、あるいは時には純粋なの街頭写真だったりする。

 主な撮影場所はサンクトペテルブルクだが、これは街の日々の暮らしを映すのに最適な場所である。

 インスタグラムで彼の作品を見るにはこちらからどうぞ。

4.イーゴリ・グロモフ

 もう一人のサンクトペテルブルク出身のストリートフォトグラファーであるグロモフは、面白い様式の写真を撮る。カラー写真だけでなく、白黒も使うが、彼の撮る白黒写真は称賛を得ている。

 「各々の写真は封印された過去である。シャッターを押した次の瞬間には映した画像は過去のものになるのだ。そして2度と現れることはない」。グロモフはインタビューでそう語っている。

 彼の作品を見るにはこちらからどうぞ。

 5.アルチョム・ジトニョフ

 インスタグラムでのフォロワーは多くないが、ジトニョフはロシアの街頭写真の分野で最も注目されるものの1人として知られている。鮮やかな色彩のカラー写真を撮り、被写体は人々建物、それにドキュメンタリー写真も撮る。

 インスタグラムで彼の作品を見るにはこちらからどうぞ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる