モスクワの地下鉄の日常生活を映した心と魂の写真13選

Dmitry Zverev撮影
 モスクワの公式写真家による地下の街シリーズでは、世界で最も美しい地下鉄の様々な様子が映し出されている。

 モスクワの地下鉄は光と影のコントラストに満ちた宮殿のようである。毎日、何千人もの旅行者が最も美しい中心駅の写真を撮ろうと地下に潜る。電車の待ち時間が少ないことも、また路線図が分かりやすいこともモスクワの地下鉄の魅力の一つである。

 しかし、何百万人ものモスクワ市民がラッシュアワー時に車両の中でむっつりと身体をよじらせ、おたがいの足を踏みつけているのもまた事実である。このような日常を好きになり、にっこり笑いながら我慢するのはなかなか容易なことではない。

 「地下の街」はモスクワの記録写真家であるドミトリー・ズヴェレフが何年にもわたって撮り続けた写真集である。「みんなと同様、地下鉄はよく利用する。地下鉄で何も読むものを持っておらず、首からカメラをぶら下げていたら、周りの面白いことを撮るしかないだろう?」

① 通勤途中の紳士、20165

② コムソモーリスカヤ駅でのラッシュアワー、201312

③ 革命広場駅にある犬を連れた戦士像、20181

④ 地下鉄の切符売り場、20136

⑤ エスカレーターの清掃、200612

⑥ テクスチーリシチキ駅とヴォルゴグラツキ―大通り駅の間の地上の風景、2017年1月

⑦ 革命広場駅の赤軍戦士の銅像、2013年4月

⑧ クズネツキーモスト駅のエスカレーター脇

⑨ クールスカヤ駅(環状線)、20075

⑩ 改札口、201210

⒒ フォンヴィジンスカヤ駅、201712

⒓ 紫線の新型「通り抜け可能」車両、20181

⒔ ドストエフススカヤ駅、20115

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる