ヤクート語のラップ、バシキール語のロック、ロシアの多様な言語でもっと音楽を

 ロシアの音楽家たちがみんなロシア語で歌うわけではないことをご存知? ロシア生まれだけど他の言語で演奏する音楽グループをご紹介しよう。

1.ヤクーチヤのラップ

 ロシア語に加え、シベリアのヤクーチヤ地域の人々はヤクート語も話す。クンネイという名で知られている若手歌手のウリヤナ・セルゲチェワは、その朗らかな歌「チーク(ヤクート語で“好き、クール”という意味)」で、踊りたい気持ちにさせる。彼女は歌う: 「そのときから、あなたはチークのリズムで踊るでしょう。そのときから、あなたはこの雰囲気の中で心躍ることでしょう」。さらにちょっと豆知識:この映像が出たあと、緑のひげをつけた面白い男性は、ヤクーチヤで大人気になり、現地の映画にも出演!

2.モルドヴィア民謡

 モルドヴィアは中央ロシアの地域で、その首都サランスク(モスクワの東700km)は、ワールドカップ2018のホスト都市のひとつだった。この地域には、独自の(消滅しつつある)言語をもつモルドヴィン人たちが住んでいる。音楽グループ「メレマ(「伝説」という意味)は、おもしろい民芸品や古代の民族衣装を探しながら、この地域を旅してまわっている。彼らはさらに、婚礼歌「出ておいで、友たちよ」のような儀式用の古い音楽を収集している。メレマの目標のひとつは、現地の民族の言語と伝統を復活させることだ。

3.タタールスタンのヒップホップ

 タタールカというニックネームで通っているイリーナ・スメラヤは、タタールスタンのナベレジヌイェ・チョルヌイ生まれ。タタールスタンだけでなくロシア全土で人気のミュージシャンだ。イリーナは、ロシア語とタタール語でラップを歌い、リトルビッグというバンドのリーダー、イリヤ・プルーシキンと結婚している。彼女のデビュー映像「アルティン」(「金」という意味)は、2016年のベスト100映像に入った。これ、なんのことを歌っていると思う?誇大広告、ビデオブログ、「金の」女性たちのことだ。

4.チュヴァシ語のポップス

 クリスチアン・イラリオノフは、チェボクサール(モスクワの東670km東にあるチュヴァシ共和国の首都)出身の若手歌手で、この素敵な曲をチュヴァシ語で歌っている。きっと、チュヴァシ語なんて一度も耳にしたことがないかもしれないが、それでも間違いなくこのクリップは楽しめる。この中でクリスチアンは、火力発電所やヴィンテージもののソヴィエト車をバックに踊っている。この曲は「Only with Me」というタイトルで、不変的な愛のテーマを歌ったものだから、訳がなくても理解できるだろう。

5.バシキール語のロック

 バンド「ブレラル」(「狼」という意味)は、バシキール語でロックを演奏している。彼らはバシコルトスタン共和国で非常に人気で、地元のほとんどの音楽祭で彼らの演奏を聞くことができる。このバンドは、スマートフォンでのクリップ撮影からオーケストラとの共演まで、新しい形態での演奏を頻繁に行っている。

6.カレリア語のラップ

 アンドレイ・ゴルシコフは、カレリア国立劇場の俳優で、民族的にもカレリア人だ。子どもの頃からロシア語とカレリア語を話し、現在は、このロシアの北方地域で知られるラップミュージシャンだ。彼の詩は、自然の美しさ、澄んだカレリアの空気、この地のアットホームな感覚を歌っている。この曲は実に感動的だ。

7.アディゲ語のR&B

 アドレル・コツバは、高校時代に歌を創りはじめ、アメリカのラッパー、50セントを聞いて音楽に興味をもつようになったと言う。彼は、ラブソング「彼女の香り」のおかげでロシアでは有名だ。南カフカスのアディゲ共和国出身の歌手バトィル・ドレフとともに、自分たちの故郷のことを歌った曲を演奏している。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる