ロシアの芸術家たちが立ち上げた究極の仮想現実プロジェクト

 ロシアで始まったプロジェクト「Defected Pixel(ドット落ち)」がネット上で大きな話題を呼んでおり、実際、急速に広まっている。

 8ビット化処理された人や物、たとえばタバコを吸う男、蓄音機、食べ物、さらには空などのデジタル画像を、本当の写真に合成して見せる。

 プロジェクトに参加している芸術家の一人、ドミトリー・シャフロフさんは、セガやデンディー時代のゲーム機に愛着を持つゲーマーである。

 「子供の頃、ゲームの中のキャラクターが実際にいたらいいのにとよく思っていた」と彼は言う

 制作者によると、「Defected Pixel」は、「退屈な灰色の日々」に色付けをするようなもので、必要なのは、想像力とフォトショップだけである」。

もっと読む:
ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる