ネットフリックスで公開されたロシアの新作映画3作:子供向けと歴史オタク向け

Parovoz animation studio
 人気のあるアメリカのエンターテインメント・プロバイダーはロシアの世界的ヒット作をラインアップに加えた。「マーシャと熊」である。そして、ボリシェヴィキ革命についてのシリーズの放映権も手にいれた。

1.Be-Be-Bears

 2頭の仲良しの熊、ヒグマと白熊のバッキーとビヨルンは彼らの住むおとぎの国の森を一緒に探検する。多くの冒険をしながらも、素晴らしいことを新しく学んでいく。そして、ヒヨコやキツネなどの愉快な仲間たちを得る。このシリーズでは、友情や環境愛護、科学の進歩などについても触れている。

 最初のシーズンの26エピソードがすでにネットフリックスで公開されている。

 2015年にロシアで初公開されたアニメシリーズで、182以上のエピソードを含んでいる。

2.Leo & Tig

 もう一つのアニメ・シリーズも森を探検する、2頭の仲間を主人公にしている。今度は極東の動物の子供で、アムールヒョウとアムールトラである。彼らはタイガについて学び、他の2匹の友達、アジア黒熊とオオヤマネコとロシア極東の様々なところを探検する。

 英語版の最初の7話はすでにオンラインで公開されており、続く21話も配信予定である。

3. The Road to Calvary(ゴルゴタへの道)

 1914年、ロシアは激動の時代に入る前夜だった。2人のシスター(美しいロシアの女優ユリア・スニギルとアンナ・チポフスカヤが演じる)が1人の男と恋に落ちる。

 ボリシェヴィキ革命の100周年記念として放映されたこのシリーズは、アレクセイ・トルストイ(レオ・トルストイの遠縁)作の三部作を基にしている。この作品は第一次世界大戦、革命と内戦時のロシアのインテリゲンツィアの運命を描いている。

 最初のシリーズはネットフリックスで公開中。

 ロシアの映画についてもっと知りたい方はこちらからどうぞ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる