ロシアにもアマゾーンがいた?:ロシア民話の女戦士たち

ヴィクトル・ヴァスネツォフ;セルゲイ・ソロムコ;ロシア・ビヨンド
 スラヴ人の民間伝承には、ボガトィリとして知られる古代の強力な戦士たちの話がたくさんある。しかし英雄的な行為を行ったのは男の戦士だけではなかった。神話上の女戦士、スラヴ版ワルキューレは、ひらけた野で剣を片手に敵と相対することを恐れず、軍隊を戦いへ導くこともあった。

マリヤ・モレヴナ 

 スラヴの民話においてマリヤ・モレヴナは、“ステップの戦士”、“美しい女王”として知られる。ある伝承では、彼女は海の王の娘だ。

 このスラヴのワンダーウーマンは広い野で男性と同等に戦った。さらに、マリヤは完璧な軍事指導者だ。彼女は、母国を侵す敵に対し部隊を差し向け、一人の戦士も失うことなく相手を打ち破ることができた。

 マリヤ・モレヴナは戦闘技術だけでなく超自然的な魔法の技術も持っていた。そのおかげで、彼女はスラヴ民間伝承(特に民話)における主要な敵の一人、不死身のコシチェイを捕えることに成功した。彼は闇の支配者で強力な魔法使いだが、マリヤによって監獄に入れられ、そこで12の鎖で縛られて10年間を過ごした。

 

ヴァシリーサ・ミクリシナ

 彼女は、スラヴの民間伝承の最重要キャラクターの一人であるボガトィリのミクラ・セリャニノヴィチの長女だ。勤勉な農夫であるミクラは、小作農の恐るべき力を体現する存在だった。

 ヴァシリーサは腕の立つ剣と弓の使い手で、頭脳も明晰だ。特に彼女がキエフ大公ヴラジーミルと衝突したさい、こうした才能が役に立った。 

 ヴラジーミルはヴァシリーサの夫であるスタヴルを口論ののち投獄した。彼を救うため、彼女はキプチャク汗国の使節に扮し、キエフに現れる。公はモンゴルの使節が男装した女性ではないかと疑い、“彼”に一連の試験を課すよう命じる。

 ヴァシリーサは、素手の戦いで最も優れた戦士たちに勝ち、公の抜きんでた射手たちを凌ぎ、チェスでヴラジーミルを負かした。絶望したキエフ君主は、“使節”のどんな要求にも応える覚悟があると言う。ヴァシリーサはスタヴルを開放するよう頼み、彼ら二人は故郷へと去った。

 

ナスタシヤ・ミクリシナ 

 ミクラ・セリャニノヴィチの次女であるナスタシヤ・ミクリシナは、竜殺しで有名なボガトィリのドブルィニャ・ニキティチの妻となる。

 彼らの出会いは典型的なものとは言えない。三頭竜のズメイ・ゴルィヌィチを殺した後、ドブルィニャは一人のボガトィリと出会うが、実はそれがナスタシヤであった。ドブルィニャは、目の前に立っているのが女性だとは気付かずに彼女を攻撃する。彼女は彼の力強い打撃をものともせず、彼を捕えて袋に入れてしまった。

 その時ナスタシヤはあることを閃く。自分の対戦相手をよく見てみて、もし彼が若ければ自分の捕虜にし、もし年寄りならその首を切り落とし、もし美男ならば結婚しようと思ったのだ。彼にとって幸運だったことに、彼は美男だったので、彼らは結婚した。

 

ナスタシヤ・コロレヴィチナ

 リトアニア王の娘であるナスタシヤ・コロレヴィチナは、地上でも馬上でも男性と同等に戦った。しかしこの女戦士の運命は悲劇的なものだった。 

 ある時、スラヴのボガトィリ、ドゥナイ・イヴァノヴィチは、野で見知らぬ戦士と衝突する。とどめの一撃を食らわせる前に、彼は打ち負かした敵が美しい女性であることに気がつく。

 ドゥナイは彼女と結婚することに決め、彼女をキエフへ連れて行く。結婚式の宴会で、彼は自分の勇敢さを、ナスタシヤは弓の腕を自慢する。腕試しで、彼女はドゥナイの頭の上に付いた銀の輪を3度射抜く。

 激昂したドゥナイは彼女に自分と代わるよう命じる。彼はナスタシヤの頭のリングを射ようとして失敗し、彼女を死なせてしまう。その時、ボガトィリは自分の妻が妊娠していたことを知る。

 絶望したドゥナイは自殺したが、スラヴ人の信仰によれば、彼の血からドナウ川(スラヴ語ではドゥナイ)が生まれた。

スラヴのアマゾーンたちが愛し戦った強力なボガトィリたちについては、こちらをご覧ください。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる