革命のファーストレディ

 流刑、亡命、たゆまぬ活動、重い病。ロシア史における主要な革命家ウラジーミル・レーニンの妻ナジェージダ・クルプスカヤは長く困難な人生を歩み、レーニンの死後さらに15年生き、1930年代のスターリンによる粛清の時代をも目にした。
Nadezhda Krupskaya
ナジェージダ・クルプスカヤ(中央)=  ロシア通信

 ロシアの高等教育機関で歴史を教える教師たちはこんな冗談がお気に入りだそうだ。「勉強のあまりできない生徒がさっぱり絶望的かどうかを試験で確かめるにはこう質問すればいい。クルプスカヤの夫の苗字は何ですかと。なんの質問だか見当もつかないかわいそうな学生は当てずっぽうにクルプスキー(クルプスカヤの男性形)と答え、その恥ずかしさに逃げ出すだろう」

 歴史に精通する者ならナジェージダ・クルプスカヤの夫が1917年の10月革命の主導的役割を果たし、ソヴィエト連邦を創り上げたウラジーミル・レーニンであることを知っている。レーニンはロシアに華々しく帰国するまで16年にわたって地下活動を行なっていたが、レーニン同様マルクス主義思想を信奉する革命家であった妻のナジェージダはこの間ずっと夫とともに活動した。

ロシア通信ロシア通信

 

革命に身を投じた貴族

 多くの革命家同様、クルプスカヤもまた労働者や農民の出身ではなく、零落したとはいえ貴族の出であり、ギムナジウムを優秀な成績で卒業、金メダルを授与されている。のちに凄まじい無神論者となるクルプスカヤであるが、若い頃は非常に宗教的だったと告白している。「わたしは孤独な環境に育ち、自分の望みや考えを他の人々に解ってもらえるように説明することができなかった。だからそんなわたしには人の心の中で何が起きているのか理解してくださっているであろう神がとても必要だったのです」

 しかし21歳のときには革命という新たな思想のために教会を否定。1890年にはペテルブルグのマルクス主義思想の研究サークルに参加するようになる。それと同時に夜間学校で労働者たちに地理、歴史、数学を教えてもいた。クルプスカヤは生涯、教師であり続けた。1917年にボリシェヴィキが政権に就いたあと、彼女は人民および子供の教育に関する問題を担当した。

 

シベリアとヨーロッパ

 マルクス主義思想の研究サークルでクルプスカヤはのちに夫となる若き社会主義者ウラジーミル・ウリヤノフ(レーニン)と出会う。本人の記述によれば、1896年にレーニンが煽動罪に問われ逮捕されたときには「すでにかなり親しい関係にあった」という。1年後にレーニンはシューセンスコエ(モスクワの東4508キロ)に流刑されたのだが、クルプスカヤがこれに同行できるようにするため、2人は教会で結婚式をあげなければならなかった。のちにこれについてクルプスカヤは「この喜劇めいたことすべてを実行せざるを得なかった」と回想している。

 レーニンとクルプスカヤの結婚については、何よりもまず情熱を持った2人の活動上の共同体であったと見る歴史研究家もいるが、ナジェージダ本人は回想の中で、一緒に帝政を崩壊させることだけが結婚の目的だったわけではないとし、「わたしたちは互いを強く愛しあっていた。わたしが書いていないからと言って、わたしたちの関係に詩的な思いや若い熱情がなかったわけではない」と強調している。

 とはいえ、2人の生活の中心となったのは活動である。労働運動に関する外国の文献を翻訳し、ヨーロッパの社会主義者たちと書簡のやり取りをし、革命の展望について意見を交わした。1900年、2人はヨーロッパに亡命。ミュンヘン、ロンドン、ジュネーヴ、パリへと移動した。この間ナジェージダはずっとレーニンの右腕となり夫を支えた。たとえば他の社会主義者たちと交わした大量の書簡の複雑な暗号化が彼女の仕事であった。

ウラジーミル・レーニンとナジェージダ・クルプスカヤ、ゴールキ(モスクワ郊外)、1922年=Mary Evans Pictrure Library/Global Look Pressウラジーミル・レーニンとナジェージダ・クルプスカヤ、ゴールキ(モスクワ郊外)、1922年=Mary Evans Pictrure Library/Global Look Press

奉仕の人生

 クルプスカヤは生涯にわたり病に苦しんだ。それは19世紀の末から20世紀初頭治すことができないとされていたバセドウ病であった。遺伝性の自己免疫疾患であるバセドウ病の症状には、眼球突出や消えない痛み、不快感などがある。クルプスカヤは子ども好きであったが、この病のために子を授かることができなかった。こんにち、クルプスカヤはこのことが原因で非常に苦しんだと考えられている。

 また1910年にレーニンが社会主義者のイネッサ・アルマンドと親密な関係となったことも、クルプスカヤに病気と同じくらいの苦しみをもたらした。数多くの証人によれば、レーニンとアルマンドは恋愛関係にあったとされており、アルマンドがレーニンに愛を打ち明けた手紙も残されている。クルプスカヤはこうしたすべてをストイックに受け止め、アルマンドの友達にまでなった。レーニンは最終的には妻の元を去らなかったが、歴史研究家のレオニード・ムレチン氏はこれについて「レーニンにとって、クルプスカヤとの堅い友情に較べれば、愛はそれほど意味がなく、ただの通りすがりのものだと考えていたのではないか」と推測する。

 クルプスカヤは自らの活動を通して社会に幸福をもたらすことを慰めとするようになる。彼女は次のような言葉を残している。「自分の人生と社会とを結びつけなければならない。これは禁欲主義ではない。逆にすべての労働者による共通の課題が自分自身の問題となることによって、自分の生活がより豊かになるのです」

Mary Evans Pictrure Library/Global Look PressMary Evans Pictrure Library/Global Look Press

ロシアへの帰還

 クルプスカヤは1917年、夫とともにロシアに帰国する。彼女は革命が勝利した後もレーニンを支え続け、1920年以降には文盲一掃を目指す教育人民委員部(教育省)の参与会委員や次官となった。そんな中、レーニンの急激な体調悪化は彼女に大きな打撃を与えた。レーニンは1922年の5月に最初の脳卒中を起こし、クルプスカヤはレーニンに会話や筆記、人に説明するということを教え直さねばならなかった。その後レーニンは回復したが、その状態も長くは続かず、1924年に革命の父は死去した。

 レーニンの死後、クルプスカヤにとっては辛い時代が訪れた。彼女はレーニンの「近しい同士」として一定の評価を受けたものの、彼女の意見は無視された。権力を集中的に手にしたヨシフ・スターリンは自分と論争しようとする彼女を好まなかった。一方でクルプスカヤは粛清を行うスターリンを批判した。「命を奪うというこのまったく尋常でない状況に気がつかないとでもいうのですか」と彼女は1937年にボリシェヴィキの1人に詰め寄ったという。

 1939年、70歳の誕生日を祝ったその数日後、ナジェージダ・クルプスカヤは激しい虫垂炎のため亡くなった。生前のクルプスカヤを好まなかったスターリンが彼女の遺灰の入った壷を運んだ。クルプスカヤはクレムリンの壁のそばで、保存処理された夫が眠るレーニン廟からわずか数メートルという場所に埋葬された。

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!