なぜロシア人は共産主義者になった

エカテリーナ・ロバノワ作
 「なぜロシアは...」、「何のためにプーチンは...」。ロシアに関する検索ワードで、最も人気の高いものを集めた。「なぜロシアは」シリーズの記事で、一つ一つの疑問に詳細に答えたい。今日は、国の共産主義の過去について。

 今のロシアで、通りすがりの人に「同志」と呼びかけたり、世界のプロレタリアートの勝利について会話を始めたりしたら、驚きの目で見られるだろう。ボリシェヴィキが政権に就いた10月革命から100年目、さまざまな浮き沈みとともに共産主義を構築していったソ連の70年間。ロシアで共産主義を信じている人はもういない。共産党はまだ存在するが、最近の選挙の得票率は13%ほどにすぎない。

 ウラジーミル・レーニン、ボリシェヴィキ、共産党大会は、1991年のソ連崩壊とともに過去のものとなった。残っているのはクレムリンの塔の上にある赤い星、レーニン像(ウェブサイト「レーニン像」によればロシアには現在、5300体以上ある)、ソ連のモニュメントなど。イデオロギーは残っていない。1917年当時はすべてが熱狂的に始まったが。

 

想定外の革命

 19世紀のドイツの階級闘争の理論家カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスは、ブルジョワジーに虐げられているまじめな労働者階級の存在する資本主義の発展した社会で、社会主義革命が起こると信じていた。1897年の統計で国の人口に占める農民の人口が77%だった農業国と言えるロシア帝国については、マルクスとエンゲルスはそれほど真剣に考えていなかった。まず資本主義を発展させてから、反発するプロレタリアートの力で打ち破るべきだと。だが想定外の進展になった。

 1917年の2月革命の後、君主制がつぶされ、1917年3月から10月まで、ロシアでは複数の政党が政権を争った。政権の座に就いたのは、より急進的な社会主義者たち、レーニン率いるボリシェヴィキであった。第一次世界大戦で疲弊した国民に、苦しみからの即時解放とささやかな幸福を約束した。国民に平和、農民に土地、労働者に工場、ブルジョワジーに恥ずべき死と。

 

2つのロシア

 「ボリシェヴィキは、社会の嫌悪と均等化主義的正義への期待を敏感に感じ取り、それを利用した」と歴史学者アレクサンドル・オルロフ氏は書いている。ロシア経済・国家行政アカデミーの主任研究員であるアレクサンドル・プルィジコフ氏も、ロシアでのボリシェヴィキの勝利はマルクス主義とは無関係だと考える。

 「19世紀末から20世紀初頭には、2つのロシアがあったということ」とプルィジコフ氏。一つ目は貴族、知識層、ブルジョワジーのロシアで、ヨーロッパ諸国との違いはなかった。上流階級の人々は、資本主義、西側の法制度に焦点を当てていた。二つ目は農民と労働者の大半のまとまりであり、まったく異なる規則にしたがって暮らしていた。

 「これは多くの面で古儀式派風の、ほとんど中世的な暮らしが強く残っていた、とても因習的な環境だった。主な制度はコミュニティで、農民は共同で土地を所有し、耕していた。私有財産はほとんど発達していなかった」とプルィジコフ氏。ボリシェヴィキがすべてを没収して共有しようと提案した祭、喜んでしたがったのが、この二つ目のロシアである。「農民のロシアは長年、ソ連政府を身ごもっていたということ」とプルィジコフ氏。ロシア人がマルクスの思想に忠実だったからではなく、これゆえに、ロシアで共産主義が勝利したのである。

 

すべては昔のこと

 とはいえ、プルィジコフ氏によれば、貧しい人や抑圧された人のいない世界的な公正な社会を構築するという案はその数十年後、信用性を失っていく。「ブレジネフ時代(1970年代)にすでに、党のノーメンクラトゥーラ(特権階級)が国民からかけ離れていて、政権にしがみつこうとするだけで、いかなる明るい未来にも導いてはいないことがはっきりしていた」とプルィジコフ氏。共産主義の理想に対して皆が失望したことが、ソ連崩壊のきかっけになったという。

もっと読む:ブレジネフ暗殺未遂犯に聞く>>>