ストラヴィンスキーに未公開作

マリインスキー劇場のヴァレリー・ゲルギエフ芸術監督=

マリインスキー劇場のヴァレリー・ゲルギエフ芸術監督=

ルスラン・シャムコフ・タス通信
 サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で12月2日、イーゴリ・ストラヴィンスキーが1909年に作曲し、その後紛失したと考えられていたカンタータが初めて奏でられる。来日中のマリインスキー劇場のヴァレリー・ゲルギエフ芸術監督が11日、日本公演の記者会見でこれを明らかにした。ストラヴィンスキー自身が総譜を紛失したと考えていたカンタータは、サンクトペテルブルクの文化フォーラムの一環として奏でられる。

 「モーツァルト、ベートーベン、ヴェルディ、あるいはワーグナーの知られざる作品が発見されればとまだ願っているが、その可能性は低い。ストラヴィンスキー自身が紛失したと考えていた総譜が100年後に見つかるとはすごいこと。これは一大事」とゲルギエフ芸術監督。

 マリインスキー・オペラの日本公演は10月8日~10月16日、さまざまな都市で行われる。アジア太平洋地域の国の公演としては、史上有数の規模になる。チャイコフスキーのオペラ「エヴゲーニイ・オネーギン」以外にも、ジュゼッペ・ヴェルディのオペラ「ドン・カルロ」、またショスタコーヴィチ、プロコフィエフ、ストラヴィンスキーの作品も上演される。

 

マリインスキー劇場がアジア太平洋へ

 ゲルギエフ芸術監督によると、アジア太平洋諸国の劇場との協力は、北米や欧州のパートナーとの従来の協力と同様の重要性を帯びてきているという。

 「今やこれは新たな現実。アジア地域には我々の大きなプログラムがある。これは正しい傾向だと思う。世界の経済生活、政治生活の変化を反映している。新たなバランスへと到達したのは偶然ではない」とゲルギエフ芸術監督。

 今年1月1日、マリインスキー劇場の極東の分館である沿海舞台が開業した。沿海地方観光情報センターの関係者によれば、沿海舞台にはすでに、日本人旅行者が大きな関心を示しているという。ゲルギエフ芸術監督の試算によると、マリインスキー劇場の4つのプラットフォーム(サンクトペテルブルク3ヶ所、ウラジオストク1ヶ所)であわせて年間100万人以上の観客を動員する見込み。

 また、2017年7月にはウラジオストクで2度目の国際極東祭「マリインスキー」が開催される。「これは我々の創作的伝統と公演的伝統をさらに近づけ、多くの若手アーティスト、特にアジア太平洋地域のアーティストに活躍の場を提供する良い機会になると思う」とゲルギエフ芸術監督は話した。