上空から見たソチのオリンピック公園

 黒海沿岸に位置していることから、前回の冬季五輪開催都市であるソチは、1年間で実に約300日が晴天である。

 黒海沿岸に位置しているため、ソチは亜熱帯の気候帯に属するロシアで唯一の大都市だ。このため、年間で晴天の日が約300日あり、年間平均気温は19℃弱だ。

 ソチ地域には、ソチ市内の行政の中心地に加えて、海岸沿いやカフカース山脈などの複数のエリアが含まれている。その総面積は約3500平方キロで、この都市は海岸線沿いに約145キロも広がっている。

 長い間、ソチは主にビーチリゾートとして知られており、「ロシアの夏の首都」と呼ばれていたほどだ。現在、この都市はスキー観光の拠点として発展中で、自らを主要スポーツやビジネス関連イベントの会場として売り込んでいる。

もっと読む: