「ソ連懐かしい」は国民の50%以上

 ソ連が崩壊して25年。にもかかわらず、世論調査によれば、ロシア人の半数以上が今日、ソ連崩壊を残念に思っている。社会学者はこの理由を、評価のわかれる国の過去の理想化と、社会的な保証の欠如だと考える。
A Russian sports fan
=  マクシム・ボゴドヴィド/ロシア通信

 ソ連のロシア共和国、白ロシア共和国、ウクライナ共和国の3首脳がソ連を解体するベロヴェーシ合意に調印を行った1991年12月8日、マラトさん(本人希望により匿名)は生後数ヶ月であった。ソ連の生活を知らないが、ソ連を懐かしんでいる。

 マラトさんは現在25歳。ロシアのある省庁で働いており、給与と生活に満足している。それでも、ソ連時代の方が良かったと考える。「教育が無料、医療が無料」と、ソ連後期の優位性をあげる。「皆つつましく暮らしていたが、国は国民のことを気にかけていた。今はすべて金次第、ひどい格差で、強い者が正しい。ソ連時代にこんなことはなかった」とマラトさん。

 

どんな層に人気が高いのか

 ノスタルジーを感じているのはマラトさんだけではない。世論調査によると、ロシア人の50%以上が、ソ連崩壊を後悔している。ロシアの世論調査センター「レバダ・センター」の2016年4月の調査で、回答者の56%がこのような見解を示した。別の「全ロシア世論研究センター」の調査によれば、ロシア人の64%が、1991年3月17日に実施されたソ連維持の是非を問う国民投票のような投票が今行われたら、賛成票を投じると答えた。

 ソ連を懐かしむ人の割合は従来から、社会的に保護されていない層の55歳以上の世代および農村部の住民の間で最も高いと、レバダ・センターの社会学者カリーナ・ピピヤ氏は話す。だが、マラトさんのように、成功し、現代社会になじんでいて、ソ連で生活したことのない若者が、ソ連を懐かしむことも珍しくない。世論調査に応じた若者の約50%が懐かしんでいると、世論研究センターの調査プロジェクトの責任者ミハイル・マモノフ氏はロシアNOWに説明する。

 

経済低迷でノスタルジー

 マモノフ氏によると、ソ連に対して好意的な考えを持つ回答者は、社会的な保護、強い国家、公平さを理由としてあげるという。「どんなに少なくても、保証されている給与、保証されている雇用」は、激しい市場競争の時代に欠如しているものであり、人々はこれらすべてが整っていたと考える過去を振り返る、とマモノフ氏。

 レバダ・センターのこれまでの調査によると、ソ連ノスタルジーがピークに達したのは2000年で、75%がこのように答えていた。2000年代に減り、2012年には49%しかノスタルジーを感じていなかった。だが2013年から新たな増加傾向が見られている。

 この傾向により、ソ連ノスタルジーの主な原因が経済であることがわかると、マモノフ氏。2000年は国民の貧困化のピークで、ソ連時代の安定が最も足りなかった。その後の2000年代は景気上昇にともない、国民の収入が増えていったため、過去を振り返る人は減った。だが経済危機が始まると、ノスタルジーは再び強まった。

 

ソ連の伝説と現実

 ニーナ・メチタエワさんは65歳。人生の大半をソ連で過ごした。だが、他の同世代の人とは異なり、昔のようになることを望まない。「今は理想的な状態にはほど遠いけれど、ソ連は良かったという人たちは、当時の生活が実際にどうだったかということを忘れてる。店や病院には行列、党会議(ソ連共産党の下級組織の会議)では国民の誰もがはるか昔に信じなくなった話ばかり。国は世界から閉ざされていた」。ソ連に戻りたいと考える人の多くは、自分の青春時代を懐かしんでいるだけだと、メチタエワさんは考える。 

 マモノフ氏も、ソ連に対するノスタルジー的なイメージは、ソ連の現実とかけ離れていると考える。「ソ連は理想化されているところが大きい。良い側面ばかりがふくらみ、悪い側面がしぼんでいるかまたは喉元過ぎて熱さが忘れられているか」とマモノフ氏。

 

懐かしい=戻るではない

 社会主義のイメージが強いソ連時代の人気は高まっているものの、現代の社会主義系の政治運動(左翼政治運動)はそれほど成功していない。9月18日の下院選では、「ロシア連邦共産党」(党自らがソ連共産党の後身と位置づけている)の得票率は13%であった。2011年は19%であったため、党の人気は明らかに落ちている。

 「ソ連への愛は、現代の左翼(ロシア連邦共産党や労働組合)の成功につながっていない。大衆の意識では、イコールソ連とはイメージされない」とマモノフ氏。そして、こう指摘する。「ロシア人がいくらソ連を愛していても、その圧倒的多数(70~75%)は、あの時代を取り戻すことはないと言っている」

もっと読む:ソビエト滅びて四半世紀>>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!