トルコのクーデターにはロシアのSu-24を撃墜したパイロットが参加していた

2016年7月16日 ロシア通信
 トルコのクーデターに参加した人々の中にはSu-24を撃墜したパイロットがいた。アンカラのメリフ・ギョクチェク市長が述べた。
Turkish military
トルコ軍人、イスタンブール、7月15日=  ロイター通信

 市長によると、パイロットは「ギュレン教団」という結社のメンバーだった。同結社の活動は「国家に平行するもの」であるという。エルドアン大統領は15日夜の反乱を組織したとして「ギュレン教団」支持派を非難している。

 米国に本拠を置く同結社はこの非難を否定している。

 「まさにこの<平行国家>こそが我が国とロシアとの関係を損ねたのだ。この構造に属するパイロットの一人が参加した、Su-24の一件のことを言っている。100パーセントだ。彼はクーデターに参加していた。この日まで我々はこのことを公開せず、内に秘めていた。しかし私、メリフ・ギョクチェクは言う。我が国とロシアとの関係を損ねたのは、このろくでなしどもなのだ」。CNNトルコの放送で市長が述べた。

 「平行国家」の狙いはトルコを国際社会から孤立させることだった、と市長は付け加えている。

 2015年11月末、トルコ上空で、トルコの戦闘機がロシアの航空機を撃墜した。ロシア大統領はこれをテロリストに与する者による「背後からの一撃」であるとし、ロシアはトルコに対する経済制裁を発動した。今年6月末、エルドアン大統領はプーチン大統領にメッセージを送り、謝罪と哀悼の意を表明した。その後、ロシア大統領は、トルコとの関係正常化の開始を発表した。

記事全文(露語)

もっと読む:ロシアがトルコ大統領を救った?>>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!