FAQ: 今すぐロシアに出入国するには?

Evgeny Biyatov/Sputnik
 ロシアは出入国の手続きを大幅に簡素化した。しかし新型コロナの感染拡大を受けて、ロシアにおける国際線をめぐる状況は今もなお緊張したものとなっている。

誰がロシアに入国できるのか? 

 この原稿を執筆している時点で、ロシアは以下の国の市民に国境を開放している。

  • アブハジア 
  • ベラルーシ       
  • イギリス        
  • タンザニア 
  • トルコ

 以上の国の市民はビザの規定に従い、自由にロシアに出入国することができる。つまり、イギリス、タンザニア、トルコ市民はロシアへの入国に際し、ビザを申請する必要があるということである。アブハジアとベラルーシについては、ビザなしでの渡航が可能となっている。 

 また2020年8月2日、ロシアはスイス市民に対しても国境閉鎖を解除した 。ただし、スイスからの国際便の運航が再開されるのは8月15日以降となっている。航空便は週1便で、モスクワージュネーヴーモスクワのルートで運航される。

 その他の国の市民でロシアに入国できるのは以下の者である。                    

  •  ロシア市民の家族(配偶者、両親、子供、後見人、法定代理人)。祖母、祖父、兄弟、姉妹はこれに含まれない。ビザ申請に際しては、親族関係を証明する書類の提出が求められる。            
  •  ロシアの永住権を有する者。一時滞在許可の所有者は対象としない。
  •  近しい親族の葬儀に参列する場合。入国に際しては、死亡証明書及び親族関係を証明する書類の提出が求められる。 
  •  近しい親族の看護や介護が必要な場合。入国に際しては、医療証明書と親族関係を証明する書類の提出が求められる。                     
  •  治療のために訪問する場合。入国に際しては、ロシアの国営または民間の病院からの証明書の提出が求められる。証明書には診察日、患者の氏名、診療内容、病院のデータが記載され、押印されていなければならない。

 一部の外国人に対してロシアは入国を許可している。その対象となるのは次の者である。

  • 外交官
  • ロシアにある領事館に勤務する者
  • 政府代表団のメンバーおよび公用ビザ所有者
  • ロシアへの貨物を輸送するトラックの運転手
  • 航空便、船舶、国際鉄道の列車および機関車の乗員

 その他のあらゆる場合のロシア国境の横断は不法とされる。違反した場合には、20万ルーブル(およそ28万円)の罰金、または強制労働、あるいは懲役2年に処される。

証明書は絶対に必要

 2020年7月27日、ロシア消費者権利および福祉監督庁のアンナ・ポポワ長官は、 ロシアに入国するすべての外国人は、飛行機に搭乗する際に新型コロナウイルスに感染していないことを示す証明書を有することを義務付ける法令に署名した

 証明書はロシア入国までの3日以内に作成されたものでなければならず、文書の内容はロシア語と英語で記載されていなければならない。

 入国後、2週間自主隔離する必要はない。ポポワ長官は2020年7月15日にこれを中止すると発表した。 

ロシアからの出国にも制限がある

 ロシアから出国できるのは以下の者である。

  • 二重国籍の保有者。
  • ロシア以外の国の永住権を有する者。
  • ロシア以外の国の労働ビザ、または治療のためのビザを保有する者。

航空便運航の再開と中止

 ロシアへの出入国に対する制限は解除されたものの、ロシアの航空会社は国際線運航に関して、問題を抱えることとなった。

 6月初旬から航空会社アエロフロートはフランクフルト、パリ、ロンドン、ニューヨーク、ローマ、ソウル、テルアヴィヴを含む数十都市へのモスクワ出発便のチケットを販売した。

 またもう一つの航空会社大手S7は、モスクワ発アリカンテ行き、ニース行きの航空便を運航しており、8月10日からはトルコへの航空便を再開させるとしていた

 アエロフロート社は依然として航空便の運航が制限されている国に対して不法にチケットを販売したとの疑いが持たれており、連邦反独占庁がこれに注目した

 これを受けて、2020年8月6日、アエロフロートは実質すべての国際線の運航中止を発表。8月31日まで運航中止となっている国のリストはアエロフロートのサイト上で公表されている

 ロシア航空運輸局はサイト上で、ほとんどのロシアの航空会社がまずトルコへの航空便の再開を計画していると発表している。トルコはロシア人にとって、夏の休暇先として人気のある国である。 

 サイトには、「8月10日より、トルコ行きの定期便およびチャーター便の便数は大幅に増加する。 シベリア航空、ウラル航空、ロイヤル・フライト、ノードウィンド航空、アズール・エア、ロシア航空、アイフライ航空が運航を予定している」と記されている。またトルコ航空、ブリティッシュ・エアウェイズもモスクワへの国際便の運航を再開するものと見られている。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる