モスクワ地下鉄における醜悪な駅7選(写真特集)

Antares 610 (CC0 1.0), Russia Beyond
 モスクワの地下鉄は、息を飲むほど美しい駅で世界的に有名だ。しかし、ここで紹介する駅は…ばかげている!

 地下宮殿、唯一無二の傑作、建てられた宝石。モスクワ地下鉄の駅を呼び表す麗句は多い。さて、街の中心部にある古い駅や美しい駅を見てみたいなら詳細はこちら

 しかし、他と同じように、一部の駅はそのような駅よりも美しくないのは当然だ。特にモスクワ郊外の駅はそうだ。通常、これらの駅は中央の「宮殿」よりもはるかに安っぽく、ほとんどが浅い柱でできた浴田。つまり、それほど深くなく、天井は同じ柱の列で支えられている。

1. ノヴィエ・チェリョームシキ(オレンジ線)

 ソロコノジキの単調なタイル(「ムカデ」のような同じ柱の列で作られた安っぽい駅)は公共のクローゼットと比べられる。モスクワの南西にある1962年にできたこの恐ろしいノヴィエ・チェリョームシキ駅は、ずば抜けて悪い。特に嘔吐を催すような黄色の配色。

2. ヴォイコフスカヤ(緑線)

 1964年に建てられた、モスクワ北西に位置するもう一つのソロコノジカ。SNSのコメントによると、この駅は、冷たくて魂のない明るい色のタイルが、多くの人々に公立のスイミングプール、病院、さらには死体安置所を思い出させる。駅には、ある悪いカルマもあり、ニコライ2世の家族の処刑に行った一人であるボルシェビキのピョートル・ヴォイコフにちなんで名付けられた。たまに、反共産主義者と君主制復古主義者が駅の名前を変更する問題を提起しているが、ヴォイコフスカヤ駅は一歩も退かない。そして見苦しいタイル。

3. ルビャンカ駅(赤線)

 ルビャンカ駅は、1935年、モスクワに初めて建設された市内中心部の駅だ。あまりにも「個性がない」ためにその簡潔なデザインは批判されている。ルビャンカ駅は、近代主義の伝統に基づいて建てられたため、実際に近くの駅とは異なる。

 この駅は例外だった。最初の地下鉄駅の設計と建設を監督したヨシフ・スターリンは、一般に、もっと豪華な装飾を好んだ。例えば、コムソモリスカヤ駅は一目でわかる装飾になっている。これについては人々とスターリンの趣向は同じだ。

4. ユーゴ=ザーパドナヤ駅(赤線)

 私が主観に基づいているという批判を避けるために、私は強調したいと思う。ユーゴ=ザーパドナヤ駅は、私は人生のほとんどをモスクワ南西に住んでいるモスクワっ子であり、この駅は私の駅だ。申し訳ありませんが、ここも見苦しい。さらに1963年に作られた「ムカデ」は、2016年にその外観をボイコフスカヤスタイルのタイルから青色の複合パネルに変更したが、無限に退屈なもののままだった。すみません、ユーゴ=ザーパドナヤ駅、私はまだあなたを愛している。

5. ミャキニノ(青線)

 非常にユニークな駅。モスクワの郊外に建てられた最初の駅(モスクワ州クラスノゴルスクにある)であり、官民パートナーシップの下で建てられた最初の駅でもある。近くのクロッカスシティモールの開発者であるクロッカスグループは、2009年に駅を建設し、モールをより親しみやすいものにするために2000万ドルを投資した。

 しかし、少なくとも最初は、市民は、あまりにも厳しく「病的」であるように見える新しい駅とそのモダンなデザインが好きではなかった。 Metroblogではあえてこのミャキニノ駅を「駅のフリーク」とも呼んでいる。10年後には慣れているかもしれないが、それでも最も美しい駅に関する論争で多く言及されている。

6. プラジュスカヤ(グレー線)

 歴史のある駅で、1985年チェコスロバキアの建築家と技術者がモスクワの南にあるこの駅の設計と建設を手伝った(そしてソビエト連邦は、元々モスケフスカと呼ばれたプラハ地下鉄のアンディル駅の建設を手伝った)。

 この駅は金色のデザインを採用しており、印象的だが、非常に暗く見える。まるで石棺の中にいるようだ。おそらく、見苦しいというわけではないが、見た目はあまり楽しいものではない。

7. モロジョージナヤ(青線)

 退屈でゆっくりと腐敗するタイルを備えた、他の「ムカデ」駅とまったく同じように見える別のソロコノジカ駅だ。覚えておくべきことは何もないので、このページを閉じて、これらすべての駅を悪い夢のように忘れてほしい。結局のところ、モスクワには地上と地下の両方に、他にも多くの美しく劇的なものがある。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる