アストラハンのシルクロード

トリ・ポトカ村の競馬場でラクダのレース、写真提供:Shutterstock/Legion-Media

トリ・ポトカ村の競馬場でラクダのレース、写真提供:Shutterstock/Legion-Media

アストラハンはロシアで最も過小評価されている観光ルートの一つ。ここには実は、見るものがたくさんある。それはイヴァン雷帝時代に建設されたクレムリン、水面に浮かびながら新聞を読めてしまうロシア版死海のバスクンチャク湖、広大な砂漠、神聖な仏教山ボリショエ・ボグドなどだ。

アストラハン

 アストラハンがベニスと比べられるのには理由がある。ボルガ川の流れは市域内に11の島を形成し、そこには40本の橋がかけられている。

 アストラハンはかつて、ジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)の重要な街、アストラハン・ハン国の首都、ロシアのカスピ海の前哨地であった。ボルガ川は多くの島々を形成しながら、カスピ海に流れ込んでいる。偉大なるシルクロードはこの一帯(アストラハン州)を通っていた。

 ロシアの皇帝イヴァン4世は1556年、アストラハン・ハン国を征服。アストラハンはロシアにとって、アジアへの交易の門となった。街では定期市が開かれ、200以上の民族が入り混じって暮らしていた。そのため、ここには多くの教会やモスクがあり、またアストラハン州リマン村には仏教寺までもがある。

アストラハン市内、写真提供:Lori/Legion-Media

 アストラハンの旧市街は、イヴァン雷帝時代に建設されたクレムリンを中心に広がっていた。アストラハン・クレムリンは、ユネスコ世界遺産に登録申請中。

 市内にあるP.M.ドガチン国立絵画ギャラリーには、19世紀と20世紀初めのロシア美術の作品、中でもアルヒープ・クインジ、イサーク・レヴィタン、イヴァン・シーシキン、カジミール・マレーヴィチ、ヴァシリー・カンディンスキーの絵画が展示されている。

 

広大な砂漠

 ロシア人は砂丘と聞くと、遠い異国をイメージする。だが砂漠は国内にもあるのだ。20世紀初頭の時点で、旅行者はアストラハン州の巨大な砂の領域について語っていた。現在は草がどんどん生い茂っているが、カザフスタンとの国境付近では依然として、本物の砂漠を見ることができる。

 

ラクダ

 ソ連時代から、「ロシアは象の故郷」というジョークがある。象についてはよくわからないが、これを「ロシアはラクダの故郷」に置きかえると、部分的には真実となる。アストラハン州沿ヴォルガ地区のトリ・ポトカ村にある競馬場では毎年、フタコブラクダのレースが行われている。

 

偉大なるシルクロード


セリトレンノエ城市跡、写真提供:Shutterstock/Legion-Media

 中国とヨーロッパを結ぶ隊商の交易路網が存在していたのは、紀元前2世紀から15世紀までの千年強。交易路の1本はアストラハンを通過していた。アストラハン州の文化行政担当は、シルクロードに沿って点在する文化拠点を統合し、新たな観光ルートを開設。シルクロードのアストラハンの部分は、国際的なシルクロード観光プロジェクトに組み込まれている。州のいくつかの文化拠点は、シルクロードの観光ルートの重要な拠点になっている。これらの中には塩湖のバスクンチャク湖がある。8世紀、塩はここからシルクロードを通じて運ばれていた。また、ジョチ・ウルスの首都サライ・バトゥの発掘遺跡(セリトレンノエ城市跡)もある。

 

バスクンチャク塩湖


セルゲイ・チェルノフ/タス通信撮影

 バスクンチャク湖は治癒効果のある驚きの塩湖。人が水面に簡単に横たわることができるほど、湖の塩分濃度は高い。新聞や本を持って横になることもできるが、注意が必要だ。体のどこかに傷口があると、塩分がしみてとても痛くなる可能性がある。湖の一部水域では塩密度がとても高く、湖面を歩くことさえできる。

 なぜこのような湖名になっているのかは、はっきりとわかっていない。一説では、テュルク語の「バシ(頭)」と「クンチャ(犬)」から、「犬の頭」を意味するという。地元の伝説によると、古代に長期の干ばつ期があり、ある馬の乗り手が犬を連れながら、近道をするために湖底を走った。蹄鉄をつけている馬は塩のたまった湖底を走破したが、犬は足を負傷し、湖の中央部分に残り、そのまま塩の柱になったという。

バスクンチャク湖の不思議

バスクンチャク湖の塩の層の厚さは6キロメートルにもなる。

湖の塩は年間最大500万トン採取されている(ロシアの全塩生産の80%)。

1960年代初め、湖底があらわになっている場所のなめらかな底面は、サーキットとして使われたこともあった。ここでは1963年8月に、ソ連の自動車の最高速度が記録されている。モスクワのエンジニア、イリヤ・チホミロフは、自分で設計した車で毎時311.419キロメートルを出した。この記録はロシアで、いまだに破られていない。

 

仏教山ボリショエ・ボグド


マクシム・コロトチェンコ/タス通信撮影

 バスクンチャク湖の近くにはボリショエ・ボグド山がそびえ立つ。こんな伝説がある。山はかつてウラル地方にあったが、2人の僧侶が山を肩に担ぎ、ボルガ川のほとりまで運ぶことを決めた。出発前に長い時間祈祷、断食し、次にそれはそれは重い山を肩に担いで、足を前に進めた。到着を目前にした時、カルムイク人の少女に出会い、そのまばゆいほどの美しさに、僧侶の一人の頭の中を罪深き考えがめぐってしまった。これによって山は崩れ、山の片面はその僧侶の血に染まった。ボリショエ・ボグドはいまだに、ボルガ川の手前50キロメートルのその場所にある。斜面には血を象徴する真紅の花が咲いている。

 仏教徒のカルムイク人にとって、この山は神聖な場所である。ダライ・ラマがこの山を清めたとされ、カルムイク人はここに巡礼に訪れる。

 4月には非常に美しい野生のチューリップが咲き、斜面一面が赤い色に染まる。特に観光客のお気に入りなのが、山のくぼみにあるワシの巣だ。山には30以上の洞窟があり、最長で500メートルに達する。山の周辺には固有の自然の領域ができている。