モスクワの空港ガイド

タス通信撮影

タス通信撮影

モスクワの空港のどこで無料のインターネットが使えるのか、どこでお安く食事ができるのか。空港博物館があるって本当?

シェレメチエヴォ国際空港

 おもしろいサービスが集中しているシェレメチエヴォ国際空港。昨年67月の約1ヶ月半、アメリカの中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン氏が滞在していたことで、海外でもすっかりおなじみになった。スノーデン氏はパスポートをアメリカ政府によって無効化されたため、空港のトランジット・ゾーンから出ることができなかったが、一体ここでどのように時間つぶしをしていたのだろうか。

 

無料Wi-Fi

 無料のインターネットに接続するには、Wi-Fi Sheremetyevo Freeを見つけた後、ブラウザを起動し、シェレメチエヴォ・ロゴのあるウィンドウでNEXTボタンをクリックする。インターネット接続の質がもっとも高いのはターミナルCEF。ターミナルDでは、VIPホール、2階のゲート010305083階のゲート11161733に無料のインターネットがある。

シェレメチエヴォ史博物館

 この空港には、知る人ぞ知る博物館がある。ソ連時代の1958年からのシェレメチエヴォ国際空港史を、2000点以上の展示品で紹介している。当初の全体図、古い航空機計器や気象計器、歴史的文書、写真、空港の乗り物のモデル、さまざまな時代の空港職員のユニフォームのコレクションなどを展示している。空港の滑走路のパノラマを博物館の窓から一望できるところも魅力だ。希望者は自由に、発着する飛行機の美しい写真を撮影することができる。

場所:シェレメチエヴォ国際空港ターミナルF5

ツアーの予約は電話、e-mail、または現地にて

電話番号:+7 (495) 578-23-23, 578-69-69

Mailpressa@svo.aero

ウェブサイト:http://www.svo.aero/en/museum

 

シャワー

 シェレメチエヴォ国際空港では、シャワーを浴びてリフレッシュすることもできる。シャワー室はホール中央にある。ただしサービスを利用するには、上級ラウンジ「バイカル」の係のもとへ行く必要がある。係に利用料を支払い、タオル、シャワー・ジェル、セッケンを受け取る。係はシャワーの場所を案内してくれる。

場所:シェレメチエヴォ国際空港ターミナルD2階左翼、上級ラウンジ「バイカル」

ウェブサイト:http://svo.aero/en/dushevyekabiny/

営業時間:9:0021:00

使用料:200ルーブル(30分)

 

お手頃価格の従業員食堂

 シェレメチエヴォ国際空港の中にはさまざまな飲食施設があるが、しっかりとした食事をとろうとすると13000円は用意しなければならない。そこでおすすめなのが、知る人ぞ知る24時間営業の従業員食堂である。150300ルーブル(現行レートで約260530円)で食事ができる。主に空港で働く人のための食堂であるが、利用客でも入ることが可能。食堂内はいつでも人がまばら。ここで食事をすることで、ロシアの典型的な食堂、日常を体感できる。

場所:シェレメチエヴォ国際空港ターミナルA4階、中央エレベータから右

営業時間:24時間

平均利用額:250ルーブル

 

ヴヌコヴォ国際空港

無料Wi-Fi

 ターミナルAに無料のインターネットVKO-WiFi-Freeがある。ログインアカウントとパスワードは不要。混雑時、速度が限られることもある。ターミナルBにもWi-Fiはあるが、こちらは有料。プロバイダのウェブサイトでクレジットを使って決済する。

 

ドモジェドヴォ国際空港

無料Wi-Fi

 無料のインターネットに接続するには、DME_Freeを見つけた後、ブラウザを起動し、任意のウェブサイトにアクセスして、「Continue」ボタンをクリックする。

スパ・サロン「七色」

 ドモジェドヴォ国際空港にはタイ式スパ・サロン「七色」がある。検査ゾーン手前の静かな場所に位置しており、出発する乗客、到着する乗客のどちらも利用可能。810ルーブル(現行レートで約1430円)で20分間の「洗足礼」を受けることができる。また、さまざまなタイやバリのスパ・プログラム、15分~3時間のマッサージを選ぶことができる。もっとも安いマッサージは480ルーブル(約850円)、もっとも高いマッサージは8830ルーブル(約15560円)。

場所:ドモジェドヴォ国際空港、2階、セクターD

電話番号:(495) 783-70-77, 795-21-97

ウェブサイト:http://www.7kpacok.ru/default_eng.html

営業時間:24時間