モスクワのビーチで夏の休暇

今年、モスクワでは日焼けと水泳のスポット10ヶ所が、正式にオープンした。=ロシア通信

今年、モスクワでは日焼けと水泳のスポット10ヶ所が、正式にオープンした。=ロシア通信

モスクワもようやく暑くなってきた。水辺でくつろぎ、さまざまな種類の水上スポーツを楽しむ時期の到来だ。

遊泳スポット

 モスクワには海岸がなく、夏を感じられる水域も多くはない。だが実際には、それほど夏に不向きというわけでもない。今年は日焼けと水泳のスポット10ヶ所が、正式にオープンした。

 中でも行きたくなる場所がヒムキ貯水池の「ビーチ・クラブ」。普段の悩みごとを忘れ、リラックスできるだろう。ここには海のリゾートのすべてがそろっている。外部から区切られた水域、白い砂浜、デッキチェア、ヨットクラブ、おしゃれなイタリア料理をふるまうレストラン、DJとBGMつきのバー、そしてボート、カタマラン船、水上スキー、ウィンドサーフィンなどのさまざまな水上スポーツ。児童用の遊び場や遊泳ゾーンもある。ただしここは安値とはいかず、平均利用価格は7000~1万ルーブル(約2万1000~3万円)だ。

 

所在地: 地下鉄Vodnyi Stadion駅、39 Leningradskoe Shosse

営業時間: 毎日10:00~23:00

詳細はこちらで

 

 

他のスポット  

 遊泳はモスクワの他の場所でも許可されているが、デッキチェアーの不足、隣り合わせになる人の当たり外れ、人の多さなどの問題がある。

 遊泳が許可されているのは、ベロエ湖、「セレブリャヌイ森林2」、「セレブリャヌイ森林3」、ボリショイ・ゴロツォイ・プルド、ゼレノグラード区のチョルノエ湖、「レヴォベレジヌイ」ビーチ、「メシチェルスコエ」休暇ゾーン。

各ビーチの所在地(場所の地図、ロシア語) 

            

ウェイクサーフィンをやってみる

 ウェイクサーフィンの人気は高まっている。基本は簡単で、ライダーがロープにつかまりながら水中でボードに乗るだけ。ボートがスピードをあげて起こす波に乗り続けることができる。ここからが一番おもしろい。ボートの波には海ほどの高さがないため、水面で体勢を維持しようと四苦八苦する必要がなく、楽に自力で滑っているような感覚を得られる。たくさんの友だちと遊びたい人には特におすすめ。ボートに乗っている人が多いほど、波が険しくなってくる。

 

写真提供:wakeclubrf

 

スクールとスポット 

 Malibu 

 滑走90ルーブル(約270円)/1分

 ボート4隻が毎朝8時から最後の利用者まで対応

 場所: Stroginoビーチ、Alye Parusa埠頭

 WakeBrothers

 滑走90ルーブル(約270円)/1分

 ボート「SupraLounch 24SSV」でモスクワ一大きい波を起こす

 場所: モスクワ環状道路からドミトロフスコエ通りを約6キロメートル進むと、ヨットクラブMRPがある。またはサヴョロフスキー方面「ヴォドニキ」プラットフォームから300メートル

 

モノスキー

 冬とアルペンスキーが恋しくなったらおすすめなのがモノスキー。時速60キロメートルで滑ることができる。水面で体勢を維持するには、体を鍛えておく必要がある。

 水上スキー・スクール「Feniks」

 Klyaz'maペンション、Klyaz'minskoe Vodohranilische, Povedniki

 滑走80ルーブル(約240円)/1分、装備含む

 クラブ「Windserf」

 Stroginskoe Shosse、ストロギンスク沖積平野北岸

 滑走および講習65ルーブル(約195円)/1分

 

水上オートバイ


ロシア通信

 水上オートバイで風を受けながら走るのは最高の気分だ。夏のビーチには欠かせない。モスクワのほとんどの水域でレンタルできる。エクストリームを求めている人向けに、時速100キロメートルに達するタイプもある。

Just Crazy 

 モスクワ環状道路から65-66キロメートル、TVK、2、ヨットクラブ「Crocus City」

ヨットクラブ「Strogino」 

もっと読む: 児童のサマー・キャンプが人気 >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg