ソチの安宿探しのウェブサイトTOP5

写真提供:airbnb.com

写真提供:airbnb.com

ソチで安い宿泊場所を探すのは、そんなに難しいことではない。だが五輪開催中は宿泊費が8~10倍に値上がりしてしまう。ホテルの空室情報は、五輪客室予約統一ビューローの正式なウェブサイトで調べることができるし、そのコール・センターに電話をかければ宿泊予約もできる。だがロシア語を話せない、または高い国際通話料を払いたくないという人は、オンライン旅行サービスを使えば、簡単に予約できる。五輪開催期間中の、お手頃価格で快適な宿泊場所探しを手伝ってくれるウェブサイトを、ロシアNOWが5つ選んだ。

「エアビーアンドビー(Airbnb)」 (https://www.airbnb.com/)

 ソチやソチ近郊の宿泊施設をできるだけ早く見つけたい、むだなお金を払いたくないという人にとって、エアビーアンドビーは良いサイトではないだろうか。 一泊15ドルから500ドルまでのアパート、コテージ、部屋、ベッドの案内が、現時点で450件以上ある。さらにアメニティつきのエコ・テントの提案もある。テントはコーカサス山脈から黒海沿岸まで、好きな場所に設置することが可能だ。テントには暖房システムがついているため、ソチでもっとも寒い期間の夜でも凍えなくてすむ。

 

「カウチサーフィン(Couchsurfing)」 (https://www.couchsurfing.org/)

 無料で宿泊可能な地元住民のアパートを探せる、有名なウェブサイトだ。ただ泊まるだけでなく、ソチを観光し、街のおもしろい場所の情報を得て、楽しい人々と交流することもできる。ソチにもカウチサーフィンがあり、外国人と交流したい人がいるから、このような旅行スタイルが合っていると思う人は、探してみるといいだろう。ただし、受け入れてくれた人を、その後自分の家にも招かなければいけないから、自分のホスピタリティも考えての上だ。

 

「ルームオラマ(Roomorama)」 (https://www.roomorama.com/)

 2009年に開始されたウェブサイトは、利用者から高い評価を受けている。ここではソチの空室の魅力的なリストを見つけることができるが、すでにそのリストもかなり短くなっているのでご注意。五輪開催期間中の4ベッドルーム一室は、一泊30ドルから。

写真提供:airbnb.com

「イン・ソユーズ(In soyuz)」 (http://www.insouz.com/?sl=EN)

 CIS諸国も扱う旅行検索ウェブサイト。ロシアだけでなく、ウクライナやベラルーシの街の部屋やアパートを探すことができる。ソチからウクライナの国境まではとても近い。五輪観戦に行くついでに旧ソ連諸国を含めた旅を計画するなら、ここはおすすめだ。

 

「トレッキング・ホームズ(Trekking homes)」(http://www.sochi2014accommodation.com/)

 比較的安くて五輪ならではの宿泊施設を扱っている。2004年アテネ五輪から、お手頃価格のアパート、コテージ、家探しを手伝っている、五輪に特化したウェブサイト。体の不自由な旅行者、個人、団体に、運転手やガイドのサービスも提案している。ウェブサイトを通じて担当者と連絡を取れるし、“ミスター・プーチンが愛するソチ”についても知ることができる(プーチンの本音は不明)。