ソ連時代の作家村

チュコフスキーの住居博物館は、父親の作品の著作権を継承した詩人の4人の娘の一人、リジア・チュコフスカヤさんの奔走により、開設された。  、チュコフスキー博物館の内部=T・ボロンツォワ、ロシア通信撮影

チュコフスキーの住居博物館は、父親の作品の著作権を継承した詩人の4人の娘の一人、リジア・チュコフスカヤさんの奔走により、開設された。  、チュコフスキー博物館の内部=T・ボロンツォワ、ロシア通信撮影

「文化的設備はないものの、ペレジェルキノには人々がこぞって住み着いている。絵のように美しい土地柄に魅せられて」。1935年の案内書「モスクワの別荘と近郊」は当時のペレジェルキノをそう描いた。 その後、作家マクシム・ゴーリキーの助言でソ連文学基金によって50棟の木造2階建て別荘が建てられ、ソ連文壇の作家や詩人たちが住む作家村が誕生した。 30年代から90年代までのロシア文学史はペレジェルキノの名と深く結びついている。

チュコフスキー

 児童文学作家で文芸評論家のコルネイ・チュコフスキーは1966年に亡くなる数年前にペレジェキノへ移り住んだ。

 国民に広く愛され数々の国家賞を受賞したチュコフスキーは体制派の人々とも親交を結ん

 自分の別荘でュコフスキーは子供たちとの触れ合いの場を設け、詩を読んで聞かせ、宇宙行士や家や詩人たちを

 

パステルナーク

パステルナーク博物館=V・ロジオノフ、

ロシア通信撮影

 20世紀最大の詩人の一人、ボリス・パステルナークは、1936年にペレジェキノり住んだ。

 それから詩人詩を一行も書けなかった「耐えがたく長い(10年)幕間の終り」(流詩人アンナ・アフマートワの言葉)訪れた

  ステルナークは41の連作詩「ペレジェキノ」を自身の最高傑作とみなしている。篇小説「ドクトル・ジ」を書き上げのもここペレジェキノだった

 詩人は1960年530日、自宅で亡くなり、ペレジェキノ墓地に葬られた。90年210日、誕100周年に際して人の家に博物館が開設された。

 博物館人の娘、エレーナ・パステルナークさんはのなかの特別な物の配置を会得た」という

 壁には、レフ・トルストイの作品の挿絵を描いた絵画アカデミー会員である父親のレオニード・パステルナークの絵具、植木鉢の花、書物べてが場所に置かれ、「特別な物の配置」がよみがえっている


パステルナーク、ノーベル賞を無念の辞退

 1946年から50までステルナークは年、ノーベル文学賞候補としてノミネートされていた

  58、前年の受賞者であるアルベールカミュの推挙を受けノーベル文学賞受賞た。人はペレジェルキノの自宅吉報に接したワンブーニンに次シアで目の受賞者だった。

 しかし、ルシチョフ共産党第記兼首相をトップとする当時のソ連指導部篇小説「ドクトル・ジ」を反ソ的品とみなした。

 ソ連国内ではステルナークに対する中傷キャンペーンがり広げられステルナークは、やむなく受賞を辞退することになった。


オクジャワ

 ソう詩人ブラート・オクジャワは1987年に家同盟からペレジェキノの荘を借り受けた。こで、ブッカー賞編小説「廃れた劇場」のほか々の歌や詩生まれ

もっと読む:


はかない黄金の秋

  97の死去から1後、ラート・オクジャワ博物館」が開設された。ブラートの土曜日」というコンサートや子供の祭典「ブラートの日曜日」催され秋にはクジャワの信奉者たちがクジャワの詩を朗読し
シア語、日本語、スウェーデン語、フランス語、ヘブライ語などオクジャワの歌が披露されるブラート・オクジャワ
際吟遊詩人フェスティバルが開催される