はかない黄金の秋

ロシアの詩人たちは秋をこよなく愛す。秋、それは自由と安寧、そして、いずれ色あせる自然のとらえがたきつかの間の華やぎ。欧州ロシアの真の秋は数週間しか続かない。金色の樹冠、足元の枯れ葉、あかね色の落日、さらに、冷える夕暮れ……。黄金の秋は、ロシアの詩人や作家たちが夏を過ごした近郷の邸宅を訪れるのに最もふさわしい時期である。

ヤースナヤ・ポリャーナ

 「秋の」作家、レフ・トルストイ(1828年9生まれ)はスクワから南へ200キロ族の屋敷ヤースナヤ・ポリャーナで暮らし、創作に励んだ。

 文豪こで有名な長編争と平和ンナ・カレーニナ執筆し、地に葬られている。時の屋敷の家具調度、トルストイの遺品、2万冊の蔵書などが残されている

 

ボリショエ・ボルジノ

 詩人アレクサンドル・プーシキン生涯で「ボルジノの秋」と呼ばれる時期(1830年、1833年)は実した日々った。

  ニジェゴロド州の村ボリショエ・ボルジノ(モスクワから570キロに暮らし文小説「エオネーギン」や情詩30つづた。

 詩人が愛した林や公園、どが修復保存されている。

 

プーシキンの丘

 モスクワから650キロれた立自然保護区プーシキン家の建つ

 プーシキン家の領地ハイロフスコエに築かれ、この屋敷で人は劇「ボリス・ゴドゥノフ」などを執筆した。の自然保護区ーシキンや一族の墓地がある。


  

ポレーノボ

 モスクワから130キロ郊外にあるワシリー・ポレーノフの屋敷「オカ河畔の家」。100以上経た家屋トリエ残る。2キロロイツカヤ教会が建立された。

 

コンスタンチノボ

もっと読む:


アブラムツェボ

 モスクワから270キロリャザン州人セルゲイ・エセーニンの故郷は1965年、博物館・自然保護区が開設された。1925に死去た詩人しのびこの年、朗読の夕べ楽会催され