モスクワのワインバー・ガイド

ワンバー「ガブロシュ」の内装、Pressphoto撮影

ワンバー「ガブロシュ」の内装、Pressphoto撮影

モスクワのワインバー文化は歴史がまだ浅い。それでもワインバーがくつろぎと語り合いの場であるという考え方が定着しつつある。モスクワへの来訪者がワインを楽しむなら、こちらの店がお薦めである。

 

 「ガブロシュ」
 
 金曜日の晩になると、「シュラックスした雰囲気の中で週末迎えようと集うミドルクラスの客にぎう。
  
 店のデザインは並みだが、モスクワ中心部にある地下鉄パク・クリトゥールイ駅のすぐそばという立地条件はし分ない。普通のワイン愛飲家なら、ここのワインのセレクションは十分に満足できるろう。
 白と赤の25種類のワインがグラスでオーダーできる。トルでなら100種類以上が注文できる。とんどのワインはフランス産だが、イタリア産のボトルもしっかり存在感見せている
 
 住所:チムール・フルンゼ通り11、19/8 www.thewinebar.ru

 「グランド・クル」

インフォグラフィック:


ロシアのワイン

ランド・クルェーンのワインバーを選べば、まず損をすることはない。実は同チェーンのほとんどは、時々飲会を催すインショップに過ぎない。座ってワインを楽しむことができる「本当の」バーは2店のみである。
 
 そのうちの一つラヤ・ブロンナヤ通りにあり、ブルガコフ匠とマルガリータ舞台もなっとで知られるパトリアルシェ・プルーディすぐ隣にある
 
 このワインバーは「シンプル・ワイン」輸入商の小売部門として営業している。同社は等ワインとスピリッツを有している

 住所:マーラヤ・ブロンナヤ通り22 www.grandcru.ru
 


より大きな地図で モスクワのワインバー・ガイド を表示

 
 「ビンテージ」 
 最も価格帯の幅広いワインをお求めならテージぴったりだ。中心あるのに、バー体は豪華はない。その質素なインテリアの訳ーナーがデザインではなくワインに専念していることを示唆しているかのようだ。

 オーナー身もバーの常連で、と品に対するい入れを表しているようだ。

 低価格帯のワインの販売
すために(最も安いボトルは13、このバーは当初グラス単位での購入オプションをメニューから外していたが、復活している。ーはぼ毎晩満員になっている。
 
 住所:クラーシナ通り7/3a www.barvintage.ru

 「ボンテンピ」


 
 有名な央ジャーナリスト会館すぐ向かいにあるンテンピに活気にあふれているインと外食がもてはやされている今の流行にもよるが、きな理由は、にとらわれないザインが施されたバーのメインエリアであろう。

スライドショー:


ファナゴリア・ワイナリー


 ワインバーの大半インリストを充実させるめに食事の選択肢を犠牲にしているのに対して、ボンテンピはである
 
 午を過ぎるとインに類の価格がつく。つはテーブルでボトルを楽しみたいお客のための価格(より高価)で、もう一に入ったボトルを持ち帰るための価格だ。

 住所:ニキツキー大通り8a/1 www.barbontempi.ru