週1で成田直行便 トランスアエロ参入

週1往復でモスクワー東京便に参入するトランスアエロ航空の旅客機、ロシア通信撮影

週1往復でモスクワー東京便に参入するトランスアエロ航空の旅客機、ロシア通信撮影

旅客数でロシア2番手の航空会社トランスアエロが5月25日、モスクワのドモジェドボ空港と東京の成田空港間で週1回の直行便を就航する。これにより、毎週水曜日午後9時にドモジェドボを出発(成田到着は翌日午前11時半)、木曜日午後1時に成田からの便が出発する(モスクワ到着は同日午後6時)。

 

 今回の定期便就航は国間の通商関係が発展し、のウラジオストクでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)成功よって実現した。

  ロシア・日本間の貿易総額は昨年史上初めて300超えたが、これは2009145倍以上の額である(ロシア経済発展省調べたな定期便にはーイング777-200就航する。

  これに伴い、搭乗客にインペリアル(12)、ビジネス(14)、エコノミー(167)とツーリズム(113)という4ラスのサービスされ

数字あれこれ

2800万人
モスクワ・ドモジェドボ空港の年間旅客数

10時間
東京→モスクワの飛行時間。逆は9時間半

106路線
トランスアエロ社の国内線と国際線の路線数

98440円
モスクワ→東京便のツーリズムクラス航空券価格

  
 ドミートリー・ストリヤロフ第1副社長はジネス客と日本へ初めて渡航する観光客需要を見込んでいます。4ラスのサービスを提供するのはそのためです」と語る

 ストリヤロフ第1副社長によると、インペリアル・クラスはぜいたくと洗練の価値を視する乗客めにデザインされた社独特のービスVIPャーが搭乗客の対応を行い、港でそのクラスのみのウンジをできる。さらに機内の座席は完全にベッドに変換できる

 東京行きの便では統的なロシア料理で知られるスクワの高級レストランカフェ・プーシキン」能できる

 「新たな航空会社が参入してくるというのはうれいですね」と話すのは、モスクワ国立大学で日本語の講師を務め、日本との間期的に行き来ている佐藤雄亮氏だ。

インフォグラフィック:


航空機技術の歴史

 
 「モスクワ・東京路線でより安価なコストと高いサービスの質が実現するのが待ち遠しいです。使用料は下がってきていますし、サービスの質も向上し、新たな参入企業も出てきています。さらなる競争が、価格の低下と質の向上につながるでしょうと期待する。 
  
  モスクワから南東42のところにあるモジェド際空港は客数ではロシア最大の空港で、昨年の旅客数は20091870人を上回る2800た。

 ロシア第2の航空会社

 ドモジェドボ空港ランスアエロ社の主要ハブ空港である。

 モスクワに主な国際空港のうち、市の中心部から最も遠いだが高速道路、または30分に1されるツキー駅発の高速鉄道により45アクセスできる

 ドモジェドボ空港ではローバルな航空市場のハブとしての地位確立を目指して、現在、ターミナルや滑走路を拡張中だ。

 ストリヤロフ・トランスアエロ社第1副社長は内の年間旅客数は昨年15・5の増加を遂げました内の経済況が良好で、観光が急成長している現在、旅客数を伸ばすことを見込んで京路線の就航を決した話す。
 
 97保有し106国内線と国際線の路線を網羅するトランスアエロ社はーロッパで最も安全な上位6位に数えられているほか、60社のうち安全な上位16の航空会社にも数えられた。

 旅客数でロシア2手の航空会社トランスアエロが525モスクワのドモジェドボ空港と東京の成田空港間で週1の直行便を就航する。れにより曜日午後9時ドモジェド出発成田到着は翌日11時半、木曜日後1時成田からの便が出発する(モスクワ到着は同日午後6