ロシアの平均寿命が初めて72歳に

アレクサンドル・ヴィクロフ/ロシア通信
 約1世紀前には30.5歳だったロシアの寿命は、2倍以上に延びた。

 ロシアの平均寿命は諸外国と比べてあまり長くはなかったが、状況が変わってきている。

 今年上半期、平均寿命が72.4歳に達したと、オリガ・ゴロジェツ副首相は国の統計にもとづいて話した。昨年と比べて0.5歳伸びたという。

 平均寿命には男女差があり、男性の平均寿命が女性よりも10年ほど短い。男性の平均寿命は66.5歳、女性の平均寿命は77歳である。

 ゴロジェツ副首相はまた、死者の割合が1000人中13.2人から12.9人と、2016年と比較して減少したことを明らかにした。

 

平均寿命の歴史的推移

 ソ連時代、最も平均寿命が伸びたのは1990年。60.1歳であった。これはロシア帝国末期の1896年~1897年の30.5歳の2倍である。平均寿命が大きく伸びたのは、1917年ロシア革命の10年後の1927年。43歳ほどになった。

 1960年代にはソ連の平均寿命が欧米諸国と同水準になっていた。

 ソ連の記録は現代ロシアで2010年に更新され、以来、伸び続けている。

 日本の厚生労働省のデータによれば、日本の男性の平均寿命は80.98歳、女性の平均寿命は87.14歳。

 ロシアの寿命を地域別に見ると、モスクワとカフカス地方で長い。イングーシ共和国が一番長く、80.8歳、次にダゲスタン共和国の77.2歳、3番目がモスクワの77歳。

 最も短いのはトゥヴァ共和国の64.4歳。

 

もっと読む:バーブシカが外国人に露語を指導>>