ブレジネフ暗殺未遂犯に聞く

ヴィクトル・イリイン氏

ヴィクトル・イリイン氏

=レフ・ロマノフ
 1969年1月22日、ソ連で未曾有の事件が発生。クレムリンの壁のわきで、武装した男がソ連の最高指導者レオニード・ブレジネフの車列を銃撃した。1人が死亡、4人が負傷した。だが犯人は死刑を宣告されなかった。現在も存命で、自由の身である。ロシアNOWの記者はブレジネフ暗殺未遂犯と会って話を聞いた。

​レオニード・ブレジネフ=タス通信​レオニード・ブレジネフ=タス通信 

 愛想の良い老人を、元テロリストだとは思わない。

「1969年に戻れるのならば、誰も殺しはしない。これを今言えることを、ありがたく思う。というのも、車列を銃撃した時、自分の人生は終わったと思ったから。あれは自殺行為だった。だが幸いにして、2度の人生を与えられた」とヴィクトル・イリイン氏は話す。

 今年70歳になる。事件を起こした時は21歳だった。

ヴィクトル・イリイン氏=レフ・ロマノフヴィクトル・イリイン氏=レフ・ロマノフ

銃殺刑のかわりに年金

 イリイン氏は結局、責任能力がないとして有罪判決を受けず、精神病院に強制収容された。

「ソ連市民がブレジネフを銃撃したということを認めれば、国内で共産主義体制に対する不満が高まっていると認めることを意味した。そのため、ソ連の最高指導者を襲撃するのは狂人だけ、で片づけられた」とイリイン氏。

 事件当時はその20年後にソ連が崩壊し、新しい最高裁判所が犯人を解放するとは誰も想像していなかった。イリイン氏は国からサンクトペテルブルク郊外のワンルーム・マンションまで配分され、年金も受給できることになった。

 

クレムリンへの手紙

「高校時代に地質学者になることを夢見て、地形学職業技術学校に入り、たくさんの街や州をまわった。だが私が見たものは重苦しい印象のものばかり。貧困、大酒、荒廃。ソ連のテレビで映されていたものとは全然違った。国全体がこのように暮らしていて、共産主義者が厚かましく嘘をついているのだとわかった。最初は政府に対してテロを起こすことなんて考えていなかった。天然資源の販売で得られるお金を国民一人一人に毎月配分することを含めた改革計画を書いて、クレムリンにブレジネフ宛てに送った。だが返答はなかった。この時、ブレジネフを殺害することを決めた。私の改革案を皆に知ってもらうためには、大きな行動を起こすことが必要だった。改革計画については、裁判の最後の言葉のところで話す予定だった」とイリイン氏。

 イリイン氏は暗殺の準備に1年を費やした。武器を入手できるよう、軍に入った。レニングラード(現サンクトペテルブルク)近くで軍務に服し、ブレジネフがいつ、誰と、どこで会うのかなどを毎日全国紙で細かくチェックした。

ヴィクトル・イリイン氏=RTビデオ・スクリーンショットヴィクトル・イリイン氏=RTビデオ・スクリーンショット

 1969年1月中旬、宇宙船ソユーズ4号とソユーズ5号が宇宙でドッキングしたという、ソ連の宇宙開発の成果が、いつものように報じられた。宇宙飛行士の地球帰還の祝賀会は1月22日、モスクワで予定されていた。それまでにブレジネフ率いる政府代表団は空港で宇宙飛行士を出迎え、盛大にクレムリンへ連れてくるはずだった。

ヴィクトル・イリイン氏=レフ・ロマノフヴィクトル・イリイン氏=レフ・ロマノフ

ブレジネフはラッキー

 1月21日早朝、イリイン氏は拳銃2丁を盗み、自分の部隊から逃走。列車でレニングラード空港まで行き、モスクワへ飛んだ(当時は搭乗時に個人の荷物は検査されなかった)。

 モスクワでは、おじの警官の家に泊まった。22日朝、おじの警察の外套をこっそりとマンションから持ち出し、それを着て、ブレジネフの車列が通過する時間ちょうどにクレムリンに到着した。

 その時までにクレムリン周辺には警察のバリケードが設置されていたが、警察の制服を着ていたイリイン氏は簡単にそこに紛れ込むことができた。

 ブレジネフの車列がクレムリンに近づいた時、イリイン氏はバリケードを突破し、通常ソ連の最高指導者が乗っている2台目の車に両手で発砲した(ピストルは外套の両袖に隠していた)。ブレジネフの車は道中で宇宙飛行士の乗った車と入れ替わっていたため、ブレジネフは運良く銃撃を受けずに済んだ。

 イリイン氏は11発発砲。運転手が死亡し、宇宙飛行士アンドリヤン・ニコラエフとゲオルギー・ベレゴヴォイが負傷した。

 イリイン氏はその場で大人しく拘束された。

 計画は失敗した。ブレジネフは暗殺されず、事件に関する情報は秘密扱いとなり、裁判もなかった。

 

B計画

 今日の政治について質問しても、イリイン氏は答えない。無実の人を殺害したため、神に仕えなければならないと言う。1969年にイリイン氏を尋問した元KGB大佐のイーゴリ・アタマネンコ氏は当時について、「ブレジネフではなく、宇宙飛行士が銃撃を受けたことを知った時、犯人はヒステリーを起こした」と話している。

 イリイン氏はこう話す。「今は違う人生を生きている。自分の犬が死んだらマンションを国に返して、老人ホームに移る」

ヴィクトル・イリイン氏=レフ・ロマノフヴィクトル・イリイン氏=レフ・ロマノフ

 家族、親戚はもういない。

「何か助けは必要か」と記者が聞いてみると、「自分の詩を発表したいのだが、誰も引き受けてくれない。手伝ってもらえるか?」と答えた。だが詩をこちらには渡さなかった。そしてイリイン氏はこう言った。「今はうまくない。夏にしよう。至聖三者の日の後に(これは、復活祭から50日目に祝われる聖神降臨祭、五旬祭のこと――編集部注)。この日の準備が必要なんだ」

もっと読む:ゴルビーは救世主か崩壊の象徴か>>>

もっと読む:トウモロコシと独断と雪解けの指導者>>>