ロシア式「おもてなし」の苦楽

マスレニツァのお祭り=

マスレニツァのお祭り=

ヴァレーリイ・モレフ撮影/タス通信
 ロシア人は無愛想だ、陰気で、閉鎖的だ――そんなステレオタイプがある。ところがロシア人は、自分の友人たちには非常に温かく接し、頻繁に自宅に招く。そうした招待を受ける幸運にめぐまれたなら、訪問に先立って、この短い「ルール集」に目を通しておいてほしい。これを守れば主人に好印象を与える確率が数倍アップすること請け合い。

 1、ロシアにおける多くの物事がそうであるが、お呼ばれの「制度」は、招く側との個人的な関係の上に成り立っている。むろん、最初の何回かの訪問は、「日付や時間その他の事前の合意」という万国共通のやり方で行なわれるはずだ。しかし、この障壁を克服さえできれば、以後の訪問はぐっと簡略化される。到着15分前に訪問を予告することが作法に適ったことと見なされる。事情でそれもままならないとなれば、せめて5分前に。それさえできなかったなら、ただ行って、ドアをノックすればよい。

 

 2、通例だと、客は当初、靴は脱がなくてよい、と言われる。これを真に受けてはいけない。これは主人が謙譲の姿勢を示したものに過ぎない。ロシア人の家の玄関には決まってスリッパ棚があって、そこにはありとあらゆる色・サイズのサンプルが保管されている。それらが気前よく訪問客全員に配られる。お友達の機嫌を損ねないよう、意を決して履き替えてほしい。たとえ、あなたに配られたのが、ピンク色、毛皮・スパンコール付き、しかもサイズが45(27.5cm)のスリッパだったとしても。

 

 3、もしあなたがロシア在住で、自宅で騒々しい(この形容詞は必須である)パーティを開こうとしているならば、今から述べることに特段の注意を。友達が来る前に、両隣のドアをノックして、今晩は少しいつもよりうるさくなります、と予告しておくよう勧める。そうしないと、あとであなたのドアのほうがノックされるかもしれない。それも、お隣さんではない、制服を着た人たちに。

Alex Naanou/flickr.comAlex Naanou/flickr.com

 4、パーティが長引いて、家に帰るのが億劫/メトロはまだ動いていない/タクシーは高くつく・・・と思うなら、とどまる勇気をもつことだ。主人は確実に反対しない。ロシアでは、一晩泊まれる客の数は、床面積というよりも、何本飲んだかで決まる。同様の状況に置かれたとき、客間のソファにロシア人のお友達が寝ているのを目撃しても、驚かないように。

 

 5、友達の家に遊びに行ったのに、友人または同僚だけでなく、そこには友人の両親/おばあちゃん/おじいちゃん/姉妹/兄弟その他ありとあらゆる親類がいる・・・という事態にも、心の備えを。ロシアの住宅問題はほとんど解決されていない。みんな一緒に一つ屋根の下、という暮らし方も、ロシアではよくある。その際、住居の大きさはそれほど重要ではない。

Andrey Klimontov/flickr.comAndrey Klimontov/flickr.com

 6、ロシア人によるおもてなしは手厚い。時に、度を越して。だから、最大限の空腹状態で訪問することだ。あなたが食べることを望むか望まないかに関係なく、食べることを迫られる。大量に、執拗に。やっと全てを平らげた、と思ったときにも、冷蔵庫にはたぶん隠し玉が控えている。「作り置き」、これもロシア式おもてなし文化のレシピのひとつである。皿に盛られものは食べ残しが許されない。さもなければホストの機嫌を損ね、食べることばかりか、飲むことをも迫られるであろう。何をって、ウォッカをである。

 

 7、微妙な点だが、主人との人間関係のいかんによらず、手ぶらの訪問はロシア的でない。ワイン一本、フルーツ少々、おいしい肉、チーズ一塊・・・。何にするか、決めるのはあなただ。食べるのも、結局は、あなたである。だから、賢い選択を。

もっと読む:ロシアで結婚式に呼ばれたら>>>