2014年の記事TOP10

ロイター通信

ロイター通信

2014年に最も人気だったロシアNOWの記事10本をご紹介する。

1. ロシア・ウクライナ戦争は起きるか

 昨年の話題の中心は何といってもウクライナ情勢だった。なかでも最も読まれたのが「ロシア・ウクライナ戦争は起きるか

 

2. リプニツカヤにインタビュー

 ソチ冬季五輪に文字通り彗星のように現れた女子フィギュアスケートのユリア・リプニツカヤ。五輪後の彼女のパフォーマンスは、必ずしも常に大成功とは言い難かったとはいえ、彼女は若い。すべてがこれからだと弊紙は信じている。


3.  生中継されるプルシェンコの手術


ウラジーミル・ペスニャ撮影/ロシア通信

 フィギュアのもう一人の立役者といえば、“皇帝”エフゲニー・プルシェンコで、その抜群の人気は衰えを知らない。間もなく引退との噂が執拗に流されているが、当人は次の五輪に出る可能性を否定していない。

 

4.  マレーシア航空機はなぜ墜落したか

 やはりウクライナ情勢絡みのMH17機(マレーシア航空ボーイング777型旅客機)の撃墜は、国際的に大きな波紋を広げたが、事故原因の調査では未だにこれといった結果が出ていない。墜落の原因は何か?…

 

5. ウクライナからのクリミア分離可能性

 クリミア併合もトップニュースの一つだった。  

 

6. 外国人がロシアでびっくりしたこと

「外国人がロシアでびっくりしたこと」もよく読まれた。そんなにロシア人は不思議な人たち? 

 

7. ロシア人が笑顔を見せない10の理由


Shutterstock撮影

 「ロシア人が笑顔を見せない10の理由」も、上に関連して受けた記事だった。確かにそう言われると…。

 

8.  大鵬~昭和の大横綱

Getty Images/Fotobank撮影

 「大鵬~昭和の大横綱」は、日本在住の有名なロシア人を取上げたブログのシリーズからベスト8入り。最近惜しくも亡くなった、この昭和の大横綱がロシア人のハーフだということをご存知だろうか? 圧倒的な実力と美貌で少年たちの大変なアイドルだった。

 

9. ナタリヤ・ポクロンスカヤ氏に聞く

 美貌といえば、ネットにセンセーションを巻き起こしたのが、クリミア共和国検事総長のナタリア・ポロンスカヤ氏。彼女のインタビューを再度ご紹介しておこう。

 

10. ソ連映画のヌードと官能シーン

 ソ連映画にエロチックなシーンはないと思っている方は、こちらをどうぞ――「ソ連映画のヌードと官能シーン