検事総長「クリミアは安全」

ロシア連邦のユーリ・チャイカ検事総長は11日、クリミア自治共和国検事局の職員に、初のロシア連邦検事局職員証を付与した。=ロシア通信撮影

ロシア連邦のユーリ・チャイカ検事総長は11日、クリミア自治共和国検事局の職員に、初のロシア連邦検事局職員証を付与した。=ロシア通信撮影

クリミア自治共和国のナタリヤ・ポクロンスカヤ検事総長(暫定共和国検事)のスケジュールは現在、分刻み、秒刻みである。多忙な中、ロシースカヤ・ガゼータの取材に20分の時間を割いてくれた。

-まず読者が関心を持っていることについてですが、交流サイト(SNS)にアカウントはお持ちですか。

 私の名前のアカウントが数十個ほど存在していることは知っています。ただそれらすべてが私のなりすましであると、正式に表明することはできません。私が関与しているインターネットのウェブサイトは、クリミア自治共和国検事局のウェブサイトのみです。

 

-それは世界のファンをがっかりさせますね

 クリミア自治共和国検事局の仕事と解決しなければいけない課題の量を考えると、物理的な時間の余裕はまったくありません。ブログやSNSならなおさらです。私たちのこの急いだ会話からもおわかりいただけるかと思いますが。

 

-では時間を無駄にしないように、仕事についてお聞きします。このポストに就任してから1ヶ月ほどが経過しましたね。お仕事の優先事項は定まりましたか。

 はい。まず市民の権利保護と法的利益です。特に子ども、障がい者、退役軍人など、保護を必要としている社会のカテゴリーですね。社会手当の支払い、薬やリハビリ用具の保障など。行政機関の法の執行に対する監視、汚職防止の問題、刑事罰執行時の法の順守には大きな注意が向けられています。また教育の権利の保護、生活条件の改善、遅延なき給与の受け取りなど、たくさんの問題にロシアの検事局の目が向けられています。

 

-クリミアの検事はこれらすべてが専門の範疇なんですか。

 当検事局は非常に良く調整された集団で、職員はすべてを弁えており、仕事にとても献身的です。検事局職員の職業的素養に人の運命が依存しているので、過ちが許されません。ですので最短期間で必要なすべての法的・規範的文書の内容を覚えなければなりません。我々の多くがロシア法知識試験の合格者です。

 

-ウクライナの刑法からロシアの刑法に移行するのは簡単ですか。

 正直なところ、いくつかの問題については簡単ではありません。

 

-何か具体的な違いというものはありますか。

 刑事訴追の点で大きな違いがあります。検事局は以前、公判前調査を行っていましたが、現在は手順が変わって委任された機関が調査を行い、検事局はその委任の枠組みの中で資料を委任機関に渡し、訴訟監督を行います。あとは汚職防止でも違いがあります。現在新たな方法論を覚えていますが、その中には法的・規範的文書の反汚職鑑定といった反汚職発生要因の問題もあります。

 

-検事職の勤続年数はどれほどでしょうか。これは初めての管理職ですか。

 私は2002年から、12年以上検事局で働いています。最初にクリミア自治共和国クラスノフヴァルディイスケ地区で検事補として仕事を始め、2006年から2011年までエヴパトリヤなどクリミア半島内の検事局でさまざまな役職に就きました。国家検事として裁判に参加し、2011年から2012年までシンフェロポリ地区間自然保護検事局で局長を務め、その後クリミア自治共和国検事局の部門長になり、ウクライナ総検事局捜査総局の検事長になりました。2014年2月25日、新民族主義者が堂々と通りを歩き、新政府たる自分たちの条件を掲げるような国に暮らすのは恥ずかしいとの結論にもとづき、退職届を書きました。ウクライナで私に対する刑事事件の立件が行われ、捜査対象になったことは知っていますが、私はやましいことをしていないので、動じていません。常に法にもとづいて行動していました。国民の意思表示に反し、政権を奪取した人々が、処罰を恐れるべきです。

 

-ここではもうすぐ観光シーズンが始まります。クリミアを旅行するのは安全でしょうか。

 とても安全です。クリミアの住民の親切さともてなしは昔から知られています。半島の治安は著しく改善されました。昨年と比べても総犯罪件数の低下が見られます。何も恐れず、是非おこしになってください。喜んでお迎えしますし、すべての市民の安全と憲法上の権利をお守りします。