最も影響力のある女性10人

ヴァレンチナ・マトヴィエンコ=タス通信撮影

ヴァレンチナ・マトヴィエンコ=タス通信撮影

ラジオ局「エコー・モスクワ」、「アガニョーク」誌、「インテルファクス」通信が、「ロシアで最も影響力のある女性100人」を選出した。ロシアの政治と経済に影響力を持ち、ビジネス・プロジェクトを展開していて、トレンド・セッター(流行仕掛け人)でもある女性のランキングで、毎年発表されている。

TOP10は以下の顔ぶれ。

1. ヴァレンチナ・マトヴィエンコ、ロシア連邦上院(連邦会議)議長

 ロシア第二の都市、サンクトペテルブルクの市長を、2003年から2011年までの8年間務めた。2011年に上院の議長に就任。コムソモールと党の活動からキャリアをスタートし、現在は特命全権公使の外交官階級も持っている。外交官としてマルタとギリシャに駐在経験がある。

 64歳、既婚者、息子1人。

 

2. エリヴィラ・ナビウリナ、ロシア連邦中央銀行総裁

ロシア通信撮影

 2007年から2012年まで経済発展相、2012年から2013年まで大統領補佐官、2013年6月から中央銀行の総裁を務めている。マクロ経済専門家。経済発展省の経済プログラムの新案作成者として有名。

 50歳、既婚者、息子1人。

 

3. タチヤナ・ゴリコワ、ロシア連邦会計検査院院長

タス通信撮影

 2002年から2004年まで第1財務次官、2007年から2012年まで保健・社会開発相、2012年から2013年までCIS諸国・アブハジア・南オセチア社会・経済協力問題担当大統領補佐官、2013年9月から会計検査院の院長を務めている。

 48歳、2度目の既婚者、子どもなし。

 

4. オリガ・ゴロデツ、ロシア連邦副首相

タス通信撮影

 大学院に在学しながら雇用率の問題を研究し、2010年から2011年まで保健・教育問題担当モスクワ副市長、2011年から2012年まで社会問題担当モスクワ副市長を歴任し、2012年5月から政府で社会問題を担当している。

 51歳、既婚者、息子2人。

 

5. ラリサ・ブルィチョワ、ロシア連邦国家法務局局長、大統領補佐官

タス通信撮影

 1993年からさまざまな国家機関で重要な役職に就き、1999年から2004年までロシア連邦国家法務総局の指揮をとり、2004年からウラジーミル・プーチン大統領補佐官とドミトリー・メドベージェフ大統領補佐官、国家法務局の局長を務めている。大統領直属国家優先プロジェクト実現問題評議会のメンバー。ロシア連邦1級顧問、法学修士。

 56歳、婚姻区分情報なし。

 

6. アーラ・プガチョワ、歌手、ソ連人民芸術家

ロシア通信撮影

 ソ連とロシアの有名な歌手、作曲家、作詞家、舞台演出家、プロデューサー、映画女優、テレビ司会者。1991年にソ連人民芸術家になり、1995年にロシア連邦賞を受賞。ロシア語、英語、ドイツ語、フランス語、ヘブライ語、フィンランド語、ウクライナ語で500曲以上のレパートリーがあり、100枚以上のレコード、CD、DVDをだしている。総売り上げは2億5000万枚。靴ブランド「Alla Pugachova」を保有している。

 64歳、5度目の既婚者、子ども3人。

 

7. ナタリヤ・チマコワ、ロシア連邦首相報道官

タス通信撮影

 1999年から2000年までプーチン首相報道官、2000年から2002年までプーチン大統領報道室副室長、2002年から2004年までプーチン大統領報道室室長、第1報道官、2004年から2008年までプーチン大統領報道・情報室室長、2008年から2012年までメドベージェフ大統領報道官、2012年5月からメドベージェフ首相報道官を務めている。「インテルファクス」通信の政治評論家、「コメルサント」紙、「モスコフスキー・コムソモレツ」紙のジャーナリストも過去に務めた経験がある。

 38歳、既婚者、子どもなし。

 

8. アリーナ・カバエワ、ロシア連邦下院(国家会議)議員、五輪金メダリスト

タス通信撮影

 6度の国内チャンピオン(1999~2001年、2004年、2006~2007年)、5度の欧州チャンピオン(1998~2000年、2002年、2004年)、2度の世界チャンピオン(1999年、2003年)、2000年シドニー夏季五輪銅メダリスト、2004年アテネ夏季五輪金メダリスト。2007年より「統一ロシア」党の下院議員。

 30歳、婚姻区分情報なし。

 

9. オリガ・デルグノワ、ロシア連邦経済発展省次官、ロシア連邦国家資産管理局局長

ロシア通信撮影

 2004年から2007年まで「マイクロソフト」ロシア法人の社長、2012年6月から経済発展省次官、国家資産管理局局長を務めている。「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙によって、2002年にヨーロッパでもっとも影響力のあるビジネスウーマンの上位25人、2004年に同様のランキングで上位10人に選ばれた。

 48歳、既婚者、娘1人。

 

10. オリガ・エゴロワ、モスクワ市裁判所所長

ロシア通信撮影

 1988年にモスクワ市裁判所の裁判官になり、民事副所長を歴任し、1997年から1999年まで民事部部長、2000年から所長を務めている。

 58歳、寡婦、娘1人。

 

コメルサント紙、およびレンタ・ルを参照。

>>もっと読む:大物実業家は24人