離婚率5割のロシア

PhotoXPress撮影

PhotoXPress撮影

ロシア政府・戸籍登録機関(ザクス)の統計によると、国内で2組の結婚のうち1組は離婚に終わる。

 社会学者はルコール中毒、家計の窮迫狭い住居る。れらは同時に重なることが多い。政府は婚件数を抑えるため、離婚数料をこれまでの400ルーブル約1200円)から一気に3万ルーブル約9万円)に上げた歯止めになるとは思えない。


レペヒン夫妻の場合

  ワレリー・レペヒンさんは解雇された司に癖をつけられついってしまったのだ。新たな事を探しているが、の会社でもの職場の推薦状を催促されるのイリーナさん夫に上司に謝るように説得してきた。

インフォグラフィック:


ロシアの結婚と離婚

 「次女はまだ生後にもならない金がいる私は産休中だし」とリーナさんはこぼす。「結局アパートを賃貸るしかなかった毎月ローンを払って、母のところに無心に出かけなきゃならない

  派手な言い合いの後、ワレリーさんはい出された。家族リーナさんの母親の年金で暮しているき伏せたのは母親だった。

 

「ウサギ小屋」も一因

 家族に亀裂が入る主な原因はシア人の大半がサギ小屋住んでいることだ。モスクワ大学社会学部のアレクサンドル・シネリニコフ准教授ロシアでは、アパートの部屋数が人数より少ないのが普通年の夫婦でさえ、親と同居している人が多いと語る婦が離婚後も同じアパートに住み続けたり、場合によっては同じ部屋に同居し続けるのもじ理由による。

 

50歳過ぎが第2の危機

もっと読む:


増える事実婚

 昨年離婚した夫婦は65万組で、結婚したのは120万組。婚した夫婦の3分の1は3年以内に離婚している。

  年齢別に見ると、最も離婚率が高いのは35歳以下だ。機の第2の波は婦が50歳を過ぎたころにって来る。理学センター「十字路」のキリル・フロモフ所長こう語る。

  「子供が成人すると夫婦の共通の仕事がなくなってしまう共通の楽しみ』をうまく共有し続け、らゆる危機を乗り越える夫婦もいだが、大抵の場合は供が唯一のかすがいなのだ

  国立ロストフ医学大学が婚後10年以上婦1万1000ンケートを行ったもし過去に戻ることができればの相手と結婚するかとの問いに対し、「する」と答えたのはたったの100に過ぎなかった。

 

多くは男性側に問題

  「シア人は離婚の仕方が下手なよう元夫婦の7割以上が不倶戴天の敵になロモフ所長指摘する

 「男性は手に義務を放棄し、育児も手伝わず、生活費も払わない人が多いと、リストフェル・スル国立高等経済学院准教授は説明する。

 ロシアの夫婦のほとんどは、結婚とは法的な人間の所有であると考えているようにみえる特に婚生活を自分儀で仕切りたがる男性はそうだ。毎年900人の女性がっと深いの手で殺され、1万4000人が庭内暴力でを落としている。

 離婚後、子供はに引き取られるのが普通だ。「全ロシア世論調査センター」アンケートよると、離婚後5以内の父親で供に会っていると答えたのは44それが離婚後5~93110年以上24下がる。

 

再婚を急がない女性

 離婚した女性は再婚を急がない。独身生活の間に、自力で家族を養えるようになし、男の権力から自由になり、自信もできてくる。心理学者は、離婚は悲劇ではなく、成長の糧を与え得るとさえ説く。では、「末永く幸せに」ではなく、「短くても多彩な生活」をモットーに結婚するカップルが増えている