社会問題あぶり出す

最良の社会派・公共広告は、しばしばマーケティングよりも芸術に近い。ロシア・レポーター誌は最近数年のロシアのクリップ、看板、インターネット・キャンペーンを分析した。そこからは、広告のテーマそのものがロシアの社会問題を反映していることがうかがえる。同時に多かれ少なかれ各国にも共通するのではないだろうか。

1. 交通事故

 年度の統計よると、死者2万3000、負傷21万6000人以上。ピード違反、対向車線の逆走、交差点での違反が多く故の4分の1の歩道への侵入によるものだ。

広告の例:カリーニングラード州に羽つけた守護天使道を歩いて全運転を呼びかける。タタルスタン共和国のカザンでは、故の牲者包帯でグルグル巻きになって松葉づえいて道に出る

 広告ピー:「が横断歩道を渡らなかった愚かな歩行者です」

 

 

 

数字あれこれ

23,000人
 ロシアにおける交通事故死者(2012年)
70万人
 ロシアのHIV感染者数 (エイズ対策センター)
31%
 ロシアにおける喫煙者の割合(国家統計局)

2. 飲酒

関するキャンペーンにお目にかかることはめったないが、塀鉄道沿いには暴飲暴食は慎もう!」といった康生活のアピールがやたらとある。

 例:モスクワ都心ある12大のビン写真タス通信撮影)。その中にはメチャメチャに壊れた車が詰まっている

コピー:「飲んだら運転するな」

 

3. ゴミ、環境汚染

料のビンや品の包装などに使われるポリエチレンはめて安価なので、ゴミの半分を占めている

例:ゴミには自分の家がある」は、ンや空き缶が擬人化されゴミ箱まで乗せていって」と書いたプラカードを持って立つ

コピー:「ビン2本の家族がゴミ箱を借ります。清潔に暮らしますよ!」写真左下Photoxpress撮影


写真提供:vse-ravno.net

 

4. 喫煙

煙を制限する法案に関する世間の議論をみると、喫煙慣を恥ずべきもの思わない人も結構いるようだ。

例:サイトクリップ。りがかりの人に火を貸してくれというと、その人はライターを取り出す代わりにり出しう言う。「ちゃったよ」

コピー:「生活を変えよう」

 

5. エイズ

 シア免疫不全ウイルス(HIV感染者数は年末70万人以上に達した。染者の多くが異性間の性交渉によるみているが、人々は分が高リスク集団に属しているとの認識がない。

 立て看板とスクワ市保健局のサイト

 ピー:「行きずりのセックスは母体への脅威。全なセックスんてありません」

写真提供:spid.ru


トルストイも読書のすすめ=写真提供:

slava.co.uk

6. 読書離れ

書キャンペーンの映像がーシャルネットワークで流行した。ロシア文学の文豪たちがスポーツウで登場するのだ。

例:レフ・トルストイがトレーニングウ姿でボールを持ちながら言う。「500読めば、また元気が出てくるさ」

コピー:「本を読もう」

 

 

 

7. 孤児問題
ロシアの孤児が外国人養父母のもとで死亡する事件がきると、国内で父母を探せという声が強くなった
:教育科学省が養子縁組を呼びかけたクリップには、バノフ大臣が3人の子供と登場する。そのうちの一人は養子だ。
コピー:「養父母になるのは幸せになるため」

 

8. 身体障害者

ロシアでは依然身障者は就職などで差別され、身障者用のインフラも十分ではない。

:社会団体育を擁護する一連のポスターを作っている。

コピー:「子供たちは一緒に学ぶべきだ」

ワルワラ・ソボレワ撮影

9. 少子化

 出生率の低いロシアでは持、やすめにだくさん家庭が必要だ。

例:ビン底眼鏡をかけ、ーターを編んでいる男の子のポスター

 コピー:「ベビーシッターにすっかり似てしまった?


写真提供:vse-ravno.net

 

10. 冷たい社会

 々が機嫌な顔をしていてっている人がいても見て見ぬふりするを見かけるようになった

 大きい人」リップ画面に分かれ方には死にかかった少女、もう一方にはやはり死にそうな大人の女性が映る。

 ピー:「助ける人を選んでいいの?」


ロシア・レポーター誌抄訳