ロシアの空飛ぶ海の怪物:世界唯一の船と飛行機のハイブリッドがカスピ海の浅瀬に横たわる

デルベント市役所の広報
 伝説的なエクラノプラン「ルーニ」は、世界唯一の船と飛行機のハイブリッドで、空母にミサイル攻撃を加える際のことを目的に開発された。

 今年の夏、エクラノプランはカスピースクにある連邦保安庁(FSB)の国境基地からデルベントへと厳かに曳航されてきた。ダゲスタン共和国の「パトリオット」公園の中心的な展示物となる予定だ。

 ただし、船は海岸にとどまることになった。

 「エクラノプランは天然の砂浜のそばに腹を付けて横たわり、内部には水が溜まっている。移動の際に損壊したからだ。作業員が250トンの代物を巻上機とブルドーザーで引き上げようとするのはさらに滑稽だ」と有名ルーファーのヴィタリー・ラスカロフは話す

 エクラノプランは飛行機と船のハイブリッドで、空気をクッションにして水面すれすれを飛行する。

 超低空を飛行することで、エクラノプランは、敵艦船のレーダー網より低く飛び、敵が6発のP-270モスキート・ミサイルの射程に入るまで気付かれることなく接近できる。

 「ルーニ」の最高速度は時速450キロメートルだった。航続距離は2000キロメートルで、予備の燃料も合わせれば4000キロメートル飛行できた。エクラノプランは風浪階級5の嵐(波の高さ2.5㍍)の中でも水上で離着陸できた。 

 「ルーニ」は全長73.8㍍、全幅44㍍で、最大離陸重量は380トン(貨物がなければ243トン)だった。飛行機のように見えるが、底部はむしろ船に似ている。

 ソ連崩壊後、エクラノプランの製造は中止され、「ルーニ」はカスピースクの工場の係船場に放置されることになった。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる