ロシア北極圏で燃料が大量に流出:報告と対応の遅れをプーチン大統領が叱責

 ロシアの北極圏の都市ノリリスク近郊にある火力発電所で、燃料が大量に流出し、ダメージを受けやすい北極圏の環境に、深刻な被害を与えた。プーチン大統領は、事故への対応の遅さに激怒し、発電所を運営するNTEKの社長を厳しく叱責した。

 流出事故は、西シベリアの北極圏にある大都市ノリリスクの西方約10 キロメートルに位置する火力発電所で起きた。先週金曜日(5月29日)、発電所の燃料タンクが損傷し、推定2万トンの軽油が外部に流出して、土壌、2つの小さな川、地元の湖を汚染した。

 水曜日(6月3日)の時点で、約100トンの燃料と780トンの汚染土壌が、流出現場の緊急作業員によって回収されている。

 しかし、環境への悪影響は続いており、環境団体は、復旧には何年もかかると予測している。

 事故は、その深刻さにもかかわらず、ようやく5日後に連邦レベルの緊急事態が宣言された。ロシア当局は現在、責任の所在を明らかにしようとしている。

異例の厳しい叱責

 水曜日(6月3日)の閣議で事故の状況が話し合われたとき、エフゲニー・ジニチェフ非常事態相は、発電所の運営者は、2日間、流出について当局に報告せず、自力で事件に対処しようとしていたと述べた。

 「我々政府当局は、緊急事態をソーシャルメディアで知るものなのか?」。ウラジーミル・プーチン大統領はこれを聞いて、NTEKの社長に問い質した。「あなた方はいったい正気なのか?」

流出が起きた火力発電所

 火力発電所を運営するNTEKは、ノリリスクに拠点を置く金属大手「ノリリスク・ニッケル」の子会社であるエネルギー企業だが、同企業は、直ちに流出を報告しており、それを証明する書類もあると主張した。

 ロシア連邦最高検察庁が事故の状況を調査する。燃料タンクの担当者は拘束されたが、憲法に規定された被疑者の権利を行使したという。

事故原因は

燃料を収集するためのコンテイナー、ノリリスク近くのアムバルナヤ川にて

 最初の報道によれば、この燃料流出は、タンクの基礎部分の構造的な破損が原因だった。タンクの担当者によると、タンクは30年以上使用されており、経年変化で壊れた可能性がある。また、気候変動により、永久凍土が構造物の設計時よりも固くなったことも、事故原因として考えられるという。

 非常事態省は水曜日(3日)に、流出の影響を完全に消去する安全な計画を有していると述べていた。またその際、燃料の拡散は、火曜日(2日)までに完全に抑えられたと報告していた。これにより、主要な水路へ燃料が広がって北極海に達する事態を防げたという。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる