極東でこれまでに発見されたことのない種のモモンガの遺骸が見つかる

Domaine public
 皮膜の長さは1メートル半にも及び、飛行距離は50メートル以上に達するとされる。

 極東プリモルスキー地方の2つの洞窟で、これまで知られていなかった巨大な種のモモンガの遺骸が発見された。ロシア天然資源・環境省がサイト上で明らかにした。

 見つかったのはPetaurista tetyukhensisと呼ばれる種で、3万年ほど前に、この地方に生息していたと見られる。皮膜の大きさは1メートル半に達し、50メートルの距離を飛ぶことができる。研究者らは、遺骸の上顎や周辺に散乱していた数本の歯を分析し、モモンガは葉や果物、昆虫などを食べていたとの結論を導き出している。見つかった歯はこれまでに知られている種とは異なっていることも分かっている。

 発掘調査を率いた生物学博士のミハイル・チウノフ氏は、「隣国の中国では大々的な古生物研究が行われているにも関わらず、今までこの種の巨大なモモンガの骨は発見されたことがなかった。現在、東南アジアにおけるさまざまな種のモモンガは、いくつかの地域に離れて分布しており、シミのようになっている。この種が過去に生息していたものだが、生息地は現在のプリモーリエの地域のみに限定されていたと見られる」と述べている

 この驚くべき発見に加えて、この地方では最近、サイの遺骸も発見されており、数万年前、極東の気候がまったく異なるものであったことが確認されている。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる