ソ連・ロシアの民間航空機10選

Тu-144

 ソビエト連邦では多くの傑出した旅客機を製造され、国内外で運用されてきた。今日、ソ連崩壊以後の長いブランクを経て、ロシアが飛行機製造の古き良き伝統を復活させようとしている。

1.An-2

極北のアクセスが難しい地方へ食材や郵便物を配送するために使われるAn-2。

 大ベテラン、単発複葉機アントーノフAn-2は、1947年から製造され、中国では今なお製造が続いている。An-2は農業、航空スポーツ、旅客輸送で活躍している。ロシアでは現在1500機以上が運用されており、小型機航空分野で9割以上を占めている。専門家の間では、「永遠の航空機」として知られている。

2.Il-18

Il-18。モスクワ州のチカロフスキー飛行場にて。

 ソ連・ロシアの民間航空のベテラン、イリューシンIl-18は、40年以上旅客機として使用され、今なお軍で運用されている。信頼高い上に扱い易く、パイロットから非常に愛されている。機内は広く快適で、乗客からも愛されている。

3.Il-62

Il-62の乗組員。モスクワのドモジェドヴォ空港。

 イリューシンIl-62は、大陸間飛行用に設計されたソ連初の長距離ジェット機だ。デビュー当時の1963年には世界最大の旅客機だった。

 現在、世界のほとんどの国が商業旅客輸送におけるIl-62を運用をやめている。しかし北朝鮮では運用が続いており、そのうち一機は金正恩労働党委員長の「エアフォースワン」として活躍している。

4.Yak-40

ストックホルム・ブロンマ空港での Yak-40 。

 1960年代初めに開発されたヤコヴレフYak-40は、ソ連初・世界初の短距離用ターボジェット旅客機だ。貨物室がなかったため、荷物はすべて搭乗の際に預け、専用の空間にしまわれた。

5.Тu-144

Тu-144

 トゥポレフTu-144は、コンコルドと並ぶ超音速旅客機で、旅客輸送に運用された超音速機は史上この2つだけだ。西側のコンコルドよりも一ヶ月早い1969年12月31日にデビューを果たした。 費用がかかり、信頼性も低かったため、Tu-144は運用中止となった。しかし、同機はNASAの超音速実験に用いられた。米国がコンコルドよりTu-144を好んだのは、前者(時速2150キロメートル)よりも後者(時速2300キロメートル)のほうが速かったからだ。

6.Tu-154

Tu-154

 1026機が製造されたトゥポレフTu-154は、ソ連で最も多く生産された旅客機だ。時速850キロメートルで飛行し、ソ連最速の飛行機の一つでもあった。今日旅客輸送に用いられているのは一機だけで(シベリアのアルロサ航空)、18機が軍に運用されている。

 残念ながら、Tu-154は最悪の航空事故に何度か関わってきた。1985年、乗客200人を乗せたTu-154がウズベキスタンで墜落するという、ソ連航空史上最悪の飛行機事故が発生した。2010年には、レフ・カチンスキ大統領を含むポーランド指導部を乗せた飛行機が、スモレンスク近郊で墜落した。

7. Il-86

Il-86のテスト飛行。

  106機が製造されたイリューシンIl-86は、ソ連で最も多く生産されたワイドボディー機だ。この「ソ連版エアバス」は、350人の乗客を収容できた。座席を450に増やすという改造計画もあったが、実現することはなかった。

8. Il-96

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の飛行機。ミンスク空港にて。

 イリューシンIl-96、より正確にはそのバリエーションの一つであるIl-96-300PUは、今日ロシア版エアフォースワンとして活躍している。VIP用の食堂、シャワー室、休憩室を備えており、スポーツジムまである。

9.SSJ-100

スホイ・スーパージェット100。モスクワ近郊のジュコフスキで行なわれた第13回国際航空ショー「MAKS-2017」にて。

 スホイ・スーパージェット100は、ソビエト崩壊後のロシアで初めて設計された旅客機だ。22機のSSJ-100を持つメキシコのインテルジェット航空が、今日ロシアに次ぐ運用者となっている。

10. MC-21

「イルクト」会社の航空工場にて。MC-21の建造。

 このロシア最新の旅客機は、2017年に初飛行したばかりで、今年大量生産が始まる予定だ。メーカーによると、イルクートMC-21はエアバスやボーイングの最新のナローボディー機に匹敵する性能を誇るという。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる