ロスコスモスが新型宇宙船を発表:まるでフィクションの世界

ロスコスモス
 またも、ジェームズ・キャメロンの「アバター」を想起させる…。

 ロスコスモスは、ロシアの宇宙開発プログラム全般を担当する国営企業。このほど原子力エンジンを搭載した新型宇宙船のモデルを発表した。ロスコスモスによれば、この宇宙船は太陽エネルギーを必要としないという。

 ネットユーザーたちは、ロスコスモスのモデルと、ジェームズ・キャメロンの映画「アバター」に出てくる宇宙船とが酷似していると指摘した。YouTubeユーザーのVlad UAさんは、「ロスコスモスが衛星『パンドラ』に飛ぶ」という、両者の類似点を強調する短いビデオをアップロードした。

ロスコスモスが発表した宇宙船(上)とジェームズ・キャメロンによる想像上の宇宙船の比較。

 ロシアの企業はすでに、ジェームズ・キャメロンの豊かな想像力を、自分たちの発明のインスピレーションにしている。2018年8月、アサルトライフルで有名なカラシニコフ社は、フォーラム「Army-2018」で戦闘ロボットのコンセプトを発表。

 この新しい戦闘マシンは、ジェームズ・キャメロンのメガヒット作で、衛星「パンドラ」で主人公の元海兵隊員を追う恐るべきロボットに似ていた。

 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる