ロシアのハッカーが子供の脳の手術中に医療機器を切断

イリヤ・ピータレフ/Sputnik

 これはサイバーパンク映画のファンタジーシーンではない。シベリアのチュメニ市の脳外科医たちは、ハッカー攻撃を受け、電子機器なしで、13歳の少女に脳外科手術を行うことを強いられた。

 「この脳外科手術は極度な困難を強いられた。手術に関係するあらゆるコンピュータシステム、デバイスが使えなくなった」。ロシアの商業銀行最大手「ズベルバンク」のゲルマン・グレフ総裁はサイバーセキュリティ国際会議で語った

 グレフ総裁は、チュメニ連邦脳神経外科センターがサーバー攻撃後に同銀行のサイバーセキュリティ専門家に援助を求めたことで、事件について知ったという。

 

新ウイルス「Purgen」

 ズベルバンクの専門家によると、ハッカーたちは「Purgen」という新しいウイルスを使用したという。グレフ総裁の説明によると、ITシステムを通常モードに戻す代償として、犯罪者は金を要求した。「犯罪者らは、他の医療センターを脅迫することもためらわないだろう」

 惨事に終わりかねない状況だったにもかかわらず、手術は成功した。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる