ロシア製の“空飛ぶ車”が2021年までに製造される見通し

ZUMA Press/Global Look Press
 ロシアの会社が、いわゆる空飛ぶ車、つまり極めて短い滑走距離で離着陸する貨物・乗客輸送用の飛行機の開発を2021年までに完了させる予定だ。プロムセルヴィス社が発表した。

 「新型の航空機の開発作業は2020年か2021年までに完了する見込みだ。」インテルファクス通信にユーリー・バジェノフ氏が語った。

 開発中の飛行機の有効積載量は約500キログラムで、飛行機は手動と自動(無人)の両方の操作が可能となる予定。

 プロムセルヴィス社は、イストラ機械実験工場の設計事務所だ。この会社は2017年に“自由離陸”に関する有望な研究のための基金を勝ち取った。基金が前提としているのは、50メートル四方以内の地面から離陸可能で、飛行場のない状況で使用可能な機体を持ち、また事故発生時に自動的に作動するパラシュート式の救命システムを持つ航空機の開発だ。航空機は、単純ないし複雑な気象条件下で、パイロットによる直接の操縦によっても、無人の自動操縦によっても飛行可能でなければならない。

 開発者らは、彼らの航空機の開発によって、小型飛行機が自動車交通と同じくらい普及し、身近になることを望んでいる。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる