生産拠点がアジアからロシアへ

ヴィターリイ・ネヴァル/タス通信
 タブレット、スマートフォン、その他の革新的な機器は、ルーブル安により、中国よりもロシアで生産する方が安くなった。便利な物流や専門的な人材も、ロシアの開発者にとって魅力となっている。

 ロシアの機器の開発者の一部は、自分たちのアイデアを自国で実現させ始めている。経済学者ニキータ・クリチェフスキー氏によれば、一部の企業はすでに、中国からロシアに生産を移管しているという。

 「ロシアでは、給与、賃貸、通信などの支出の部分が著しく縮小した。また、物流も便利。中国から運搬するのと、中央連邦管区から運搬するのとでは全然違う」とクリチェフスキー氏。

 中国の経営者が工場をロシアに移管しているケースもいくつもあるという。「中国の経営者にはすでに、生産の立ち上げと管理の実績がある」とクリチェフスキー氏。

 「ハムステル」社は、自社製品の児童用タブレット「プレイパッド」の生産を、中国からモスクワ郊外のジェレズノドロジヌイ市に移管した。この製品は現在、ロシアの大手チェーン店で販売されている。ハムステルは西ヨーロッパへの輸出についても検討している。

「当社のタブレットの特徴は、子どもの行動が親のコンピュータまたはスマートフォンを通じて完全に管理されているところ。近い将来、小さな子ども向けのオールインワンパソコン、スマートフォン、教育ロボットの組立も始める」と創業者の一人であるロマン・ブルミストロフ氏は話す。

 

生産原価が中国の2分の1

 プレイパッドの最初のロットは中国で生産されたが、すぐに売り切れたという。ブルミストロフ氏とパートナーのデニス・ブラヴィン氏はこの時、中国とロシアの生産原価を比較した。そしてロシアとしては施設の賃料が割高なモスクワ州で生産した場合の原価が、中国の原価の2分の1であることがわかった。この事実は決定的となった。

 「施設を修繕し、従業員を雇用した。最初に従業員と一緒に作業し、組み立ての全工程を教えた。1週間後にはベルトコンベアを始動させた」とブルミストロフ氏。

 ロシアでは、「アンギオスカン」社の診断装置「アンギオスカン01P」も組み立てられている。これは家庭で血管をスキャンし、心臓血管疾患の臨床症状があらわれるよりも数年前にリスクを評価する装置。

 「投資家の関心は高まっており、アリババのような巨大企業がロシアの多くのプロジェクトに投資したり、買収したりしている。だがトレンドとは言いたくない。完全な発展には体系的な作業が必要。それがないうちは、ロシア企業は自社の発明を国際的な企業に売り続けるだろう」と、「スコルコヴォ」基金のウラジーミル・サコヴィチ投資本部長は話す。