誘導ミサイルの製造でカラシニコフ社が好調

Ka-52 アリガートルとヴィフリ・ミサイルシステム=ロステク社

Ka-52 アリガートルとヴィフリ・ミサイルシステム=ロステク社

昨年、米国という従来の銃器市場を喪失した武器メーカー、カラシニコフ社だが、同社は販売市場の多様化を積極的に求めるだけでなく、製造設備を拡張して新たなニッチ市場の開拓を模索している。その最新プロジェクトのひとつは、攻撃ヘリコプター用の誘導ミサイルの製造だ。

 2014年にクリミア、ウクライナをめぐり一連の出来事が展開した後では、ロシアを象徴する武器製造業者カラシニコフが、この新たな経済状況で成長を維持するのは困難であろうと誰もが予測しただろう。しかし、(ウクライナ危機におけるロシアの役割をめぐりワシントンによって課された)制裁の結果、米国という主要な銃器市場を失ったにもかかわらず、カラシニコフ社はこの難問に挑んでいる。同社は積極的に新規市場を開拓するだけでなく、生産体制も多様化させているのだ。

 2015年2月、同社は、軍民共用無人飛行機とモーターボートの生産という2つの新規プロジェクトへの着手を発表した。一方で、国防関連の国家発注の一環として、カラシニコフ社は、ヴィフリ1誘導ミサイルをロシア国防省に納入する(これらのミサイル生産をめぐる入札は、2013年にカラシニコフ社の傘下にあるイジマシ社によって落札された)。製造量が125億ルーブル(2億2500万ドル相当)におよぶと推定されているこれらのミサイルは、2015年に納品が始まる。

 

「撃ち放し」式自動照準機能搭載のヴィフリ1

 ヴィフリ1(Vikhr-1)は、カナード制御機構を採用して格納可能な翼を搭載した誘導ミサイルで、低速度(時速800キロ未満)の戦車や飛行体の標的を攻撃するよう設計されている。ヴィフリ・ミサイルシステムの一部として攻撃ヘリコプターに搭載されるこの超音速ミサイルは、毎秒610メートルの速度で走行し、4キロ離れた標的に到達するまでにわずか9秒しか要さない。

 このミサイルが誇る戦術的および技術的特性(ちなみにそれらは、同クラスの米国製ミサイルで、飛行速度がより低いAGM-114Rヘルファイアの特性よりも優れている)により、これらのミサイルを装備したヘリコプターは複数の標的を一度に攻撃することができるので、これは“生き残り”の確率の向上につながる(すなわち、ヘリコプターは迅速にミサイルを発射してその場を離れることができる)。

 このミサイルには、「撃ち放し(ファイアアンドフォゲット)」自動照準システムと呼ばれるスマート誘導システムが搭載されている。パイロットが赤外線画像の画面上で標的を見つけると、それをキャプチャし、自動照準システムを有効にする。標的が範囲内に収まると、同システムはミサイルを発射する。

 このシステムは、高い発射精度を保証することができる。また、そのレーザ光線誘導システムは低出力の信号しか発しないため、敵の無線電子機器により検出されない。

 

ルーブル安と新規市場により収益増

 同社が獲得している国からの受注は国防省向けのヴィフリ1ミサイル製造だけである。次世代型ラトニク戦闘装備の構成品としてAK-12アサルトライフルが選定されたとメディアは報道したが、この兵器はまだ試験段階にあり、国防省によるアサルトライフルの大規模発注に関する公式の発表はなされていない。

 一方でカラシニコフ社は、マーケティング方針を調整したり、アジア太平洋、アフリカや中南米市場への拡大政策を押し進めることで、国からの低レベルの発注を補っている

 「2014年にカラシニコフ社は、それまでの7年間で初めてとなる純利益を計上し、銃器製造量を12万個までほぼ倍増させました」と、カラシニコフ社のアレクセイ・クリヴォルチコ社長は述べた。

 国営企業のロステク社の一部を構成するテフノディナミカ社のマキシム・クジュク社長は、ルーブル安はロシアの輸出品に対する世界的な需要を押し上げたと指摘した。「ルーブル安は、我が国のメーカーの製品をより安価にしました。その理由は、米ドルに対し80%におよぶルーブルの下落です」と同社長は述べた。

 クジュク社長は、ロシアの防衛産業企業は、生産コストを抑えて輸出を拡大させることにより、この困難な経済状況を有利な状況に転換させるべきだと付け加えた。