アメリカ製AK-47は承認されるか

AP通信

AP通信

アメリカの銃器会社「ロシアン・ウェポン・カンパニー(RWC)」は、ロシアの武器大手「カラシニコフ」社の自動小銃「AK-47」の公式輸入・販売者。ウクライナ情勢を受けてアメリカが対ロシア制裁を発動したことから、RWCは輸入のみならず、「カラシニコフ」社に電話をかけることもできなくなった。そこで思いついたのはアメリカでのAK-47の製造。「CNNマネー」がこれを伝えている。

 製造開始予定は今年の第2四半期。すべての製品に「アメリカ製」と記される。この時、名称はAK-47のままとなる。

 カラシニコフ社とRWCの間で昨年1月に結ばれた契約によると、アメリカ市場およびカナダ市場には、年間20万丁が輸入されることになっている。しかしながら制裁によって、この野心的な計画は中止に追い込まれた。

 カラシニコフ自動小銃は世界でもっとも普及し、もっとも多く製造されている。素直で気取らず、信頼性が高く、使い方やメンテナンスも簡単。アメリカの在庫が厳しい状況になっていることで、需要がむしろ高まっている。

もっと読む:


AKの画像が商標に

 ロシアの軍需産業に科せられた制裁の影響を回避し、AK-47を市場へ再び投入しようというのがRWCの狙いだ。

 アメリカは世界最大の銃器市場で、全国民が3丁ずつ銃を保有している計算になる。

 RWCがアメリカで合法的にカラシニコフ自動小銃を製造する場合、製造ライセンスを購入しなければならないが、対ロシア経済制裁の条件下で、それは非現実的であると、武器貿易専門家のヴァジム・コジュリン氏はロシアNOWに説明する。

 RWCのトーマス・マッククロッシンCEOは、AK-47の製造に関する合意について、特に明らかにしていない。

 

アメリカにブルガリア製カラシニコフ

 カラシニコフ社はRWCのニュースに落ち着いて反応している。「カラシニコフ社の製品は従来から、アメリカ市場で主位を維持してきた。制裁は当社の製品への関心を著しく高めており、現状におけるRWC社のような動きは十分理解できる」と公式サイトで伝えている。

 このような反応だったのは、アメリカにすでにカラシニコフの工場があるからかもしれない。ブルガリアの企業「アルセナル」は、ブルガリアの部品から、ブルガリアの特許にもとづいて、自動小銃を製造している。ただし、ブルガリアは特許を認めていない。「ブルガリア人はこれをAKではなく、改造型だと主張している。正当な権利所有者がこの事実について争うことは不可能」とコジュリン氏。

 多くの国でカラシニコフの違法製造が行われている。これはソ連時代、当時の東側諸国に、製造ライセンスが譲渡されたことと関係している。ライセンスの有効期限は過ぎているが、製造はまだ行われており、海賊版コピーを数えるのは不可能。

カラシニコフについてもっと読む:


イジェフスク~カラシニコフの故郷から

 オリジナルとコピーが100%合致していることは確かにない。部品を1個変えただけで、別の武器になるからだ。

 「ロシア製は世界のカラシニコフのわずか10%。ただ、この10%こそが最高品質であり、誰もがそれを知っている」とコジュリン氏。

 AKの設計者であるミハイル・カラシニコフの親族は、アメリカでのAK-47製造のニュースに驚きを隠せない。M.T.カラシニコフ財団の理事で、娘であるエレーナ・カラシニコワ氏は、ロシアのインテルファクス通信の取材に対し、両社の関係はよくわからず、AK-47に需要があることを認めながらも、あくまでもロシア製であるべきで、「誰かが保有してもいない物を利用した場合」、盗難にあたる可能性もあると述べた。