宇宙予算削られる

ロケットエンジン組立工場=ロシア通信撮影

ロケットエンジン組立工場=ロシア通信撮影

財務省がばっさり

 ロシアのシルアノフ財務相は7月末ポフキン連邦宇宙局(ロスコスモス)長官に家計画「ロシアの宇宙開発2013~2020」の予算を635億減する伝えた。

  14度に初1800億ルーブル約5400円)支出するはずだった務省はこれを90億ルーブル約270円)以上削り、15予算にも大ナタを振るう。

 その理由務省はカザフスタン)バイコヌール宇宙基地連施設への賃貸料支払について、ドルの為替レートを見直したためだと説明している

 

採算性を重視

  概して宇宙開発には2つの方向がある。一つは、経済性からはほとんど無意味な計画をぶち上げ、打ち上げ成功大いなる成果の幻想を作り出すことだ。

 二つ目は、国防と経済の必要性に応える計画だけ。換言すれば、採算が取れるプロジェクトが優先されるということで、衛星測位システムが良い例だ。

 「時代は、と宇宙るとの勘定をしたためしがなかったソ連宇宙軍司令官第ゲオルギー・ルイセンコ中将は嘆く

 今は代が違う。90年代初め、ロスコスモスは民営化され、欧米と同プロジェクトを発足させた

 宇宙開発政策研究所の管理官ワン・モイセーエフ氏は言う

 「我々は張りすぎ型ロケット、新型有人宇宙船、新宇宙基地、べてを現しようというのだから生産効率を上げ、技術資本を投下すべき
大なファンタジーから一歩後退ようがロシアの宇宙開発が開花するため必須のである