ノーベル賞学者交え

会議に出席した著名な科学者たち=スコルコボ基金提供

会議に出席した著名な科学者たち=スコルコボ基金提供

 7月、サンクトペテルブル、欧州生化学連合(FEBS)の38議が開かれた然科学分野大の国際フォーラムの一つである

 ロシアでこうしたは2目で、1984年にスクワでFEBS議があった

 その後物学命的な進展相次いだ。究室では哺乳類のクローン化に着手究者らは幹細胞の移植を習得し、トゲノムを解読した。

 ロシアの科学は過去30年間、究の最前線かられをとた。容易ではなかったが、近年、ロシアの生物学者たちは成功を手に入れた

 国シアの生物学プロジェクト「スクラチョのイオン」を高く評価した。2004年、ウラジーミル・スクラチョを中心とするロシアの生化学者たちは、将来の老化防止薬とみなされ化合物を合成した。

 生物学者のセルゲ・ルキヤノフ氏は胞レベルでの生きた微生物の研究を可能たんぱくの製造技術を開発した。

 遺伝生物学研究所胞核へ薬剤を運ぶ子「ナノトランスポーター」をつく出した、がん治療の効率を高めるものだ

 会議は、外国人研究者らの新たなプロジェクトについても知ることのできる格好の機会を与えた。

 しかも、加者にはドニー・アルトマン、クルト・ートリッヒ、アダ・ヨナス、ロジャー・コーンバーグ、ジャンリー・レーン、リチャード・ロバーツ、利根川進の各氏ら11人のノーベル賞受賞者が勢ぞろいした中国、日本から3000加した

 会議においてロシア勢で精彩放っのはベーション・センター「スコルコボ」だった