ラブロフ外相が4月に訪日

 ロシアのラブロフ外相が4月半ばに東京を公式訪問する。東京で行われたロシアのイーゴリ・モルグロフ外務次官と、前ロシア大使で領土交渉担当の原田親仁(ちかひと)政府代表の露日次官級協議の結果を受け、ロシア外務省が発表した。

 「協議では、露日関係全般が話し合われた。その際、特に注目されたのは、政治対話の進展、安全保障、通商、その他の実務的な分野での協力に関する課題」。このように外務省プレスリリースでは強調されている。

 「また、アジア太平洋地域での包括的安全保障を含む、一連の焦眉の国際問題についても意見交換がなされた」とプレスリリースでは述べられている。

 「さらに、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相が4月半ばに日本を公式訪問することで、合意がなされた」。露外務省プレスリリースはこう伝えている。

 

記事全文(露語)